引っ越し大名三千里

土橋章宏 / ハルキ文庫
(27件のレビュー)

総合評価:

平均 3.9
5
12
6
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • saga-ref

    saga-ref

    8月最後の読了は熱かった! 徳川ご家紋の家柄なのに、時の将軍や側用人に目を付けられ、転封を余儀なくされた大名家の苦難を、ユーモラスに描く。国元の片桐が、引っ越し奉行を引き受けようが辞退しようが死を免れないと腹をくくった時から動き出す出世と恋愛が読者を惹き付ける。時代考証的にはやや無理のある台詞回しや登場人物の振舞いも、エンタメ時代小説ならありかな、と思う。『超高速参勤交代』もそうだが、史実を下敷きにしたフィクションが巧い!続きを読む

    投稿日:2019.09.07

  • Kazuko Ohta

    Kazuko Ohta

    時代小説にはまだまだ苦手意識があるので、映画版を観てから読むほうがイメージしやすい。よくぞこれに星野源と高橋一生を当てたなぁと感心しました。

    星野源演じるひきこもりの書庫番が国替えを仕切る奉行に命じられ、断るつもりなら切腹せよと無茶を言われる。最初は頼りなげだった彼の表情がどんどん締まっていく様子が原作でも感じられて楽しい。

    原作と映画版では大きく印象の異なる登場人物もいて、私は映画版のほうがより魅力的だと感じました。高畑充希が演じた於蘭は原作ではえらく積極的(笑)。また、岡山天音演じる商人の台詞にグッと来た私は、それが原作にはない台詞だと知ってちょっぴり残念。

    この映画版は絶妙の配役で、万人受けすると思われます。あ、こりゃ本じゃなくて映画の感想だな。(^^;

    映画の感想はこちら→https://blog.goo.ne.jp/minoes3128/e/ae3b1a1f5d64f4d454da4548176ba481
    続きを読む

    投稿日:2019.09.06

  • oriental

    oriental

    星野源ファンなので読みました。歴史小説は苦手ですが、これはとても読みやすく、面白かったです。読み進めていくうちに、主人公がだんだん格好良くなっていきます。

    投稿日:2019.08.31

  • ほんやだワン

    ほんやだワン

    エンタメとしては面白いと思うのだが・・・。

    最近、ちゃんとした時代(歴史)小説を読んだばっかりなので。

    とりあえず、日田に海はない!

    投稿日:2019.08.26

  • おのひろ

    おのひろ

    江戸時代に何度も国替えを命じられた松平家の引っ越し奉行が主役の話。1000人以上を抱える大名が交通機関も無い中で国替えされるのは超大変!
    映画化もされるみたいだし、テーマはとても面白い。

    投稿日:2019.08.03

  • きなこ黒蜜

    きなこ黒蜜

    映画が気になっているので原作を読んでみた。
    金策に奔走するだけでなく、城を明け渡したり幕府の役人とやり取りしたり、国替えに伴ういろんな手続きが興味深い。全体的に軽い感じもするけど、そのぶんサクサク話が進む。登場人物も良い人が多いので安心して読める。
    しかし生涯に7回も国替えになった大名がいたなんて知らなかった。こういう人にスポットを当てるのは面白い。
    続きを読む

    投稿日:2019.07.24

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。