私の胸は小さすぎる 恋愛詩ベスト96

谷川俊太郎 / 集英社文庫
(1件のレビュー)

総合評価:

平均 5.0
1
0
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • まこと

    まこと

    このレビューはネタバレを含みます

    谷川俊太郎さんの文庫新刊です。
    書下ろしの新作詩「あなたの私」が巻頭です。
    単行本の同名詩集がありますが、そちらは図書館で借りたので、違いがうろ覚えで、実はよくわかりませんが、たぶん全く同じものではないと思います。(少なくとも新作詩と解説はあちらにはなかったです)
    巻末の解説は谷川俊太郎詩選集3と同じ田原(ティアンユアン)さんです。
    今までに、何度も読み、大好きな詩がたくさん入っていますが、その中で一番、色彩がこぼれるようで、美しいと思った詩。

    「今はバラ色が好き」
    菜の花の小さな黄色が好き
    ねころんで見上げる空の青が好き
    消えかかる虹の七色を
    たしかに見たと思ったときには
    どの色も悲しいほどきれいに見えた

     でも何故か今はバラ色が好き
     明けていく空のひそかなときめきが
     あなたの胸にあふれてくる そんな色
     今はバラ色が好き

    栗の実のやさしい茶色が好き
    すきとおる若葉の緑色が好き
    二十四色のクレヨンを入学祝にもらったときには
    どの色もこわいくらいきれいに見えた

     でも何故か今はバラ色が好き
     忘れえぬ夢のひそやかな思い出に
     あなたの頬がそまっている そんな色
     今はバラ色が好き


    他の詩では、何度読んでも「泣く」「あなた」はいいと思ってしまいます。その他でも「恋の始まり」「私の胸は小さすぎる」「魂のいちばんおいしいところ」「空」「世界の約束」「心の器」がよかったです。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.06.24

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。