キキ・ホリック

森晶麿 / KADOKAWA
(8件のレビュー)

総合評価:

平均 3.8
0
3
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • わんこそば

    わんこそば

    すごく神秘的な物語のように感じられました。
    最期はそうなるのかと思いました。この物語独特の終わり方ですね(⌒‐⌒)
    波瑠花の環境がかわいそすぎましたが、本人が最期幸せだと感じられたのならよかったんだと思います(⌒‐⌒)続きを読む

    投稿日:2021.03.05

  • あんみつ

    あんみつ

    このレビューはネタバレを含みます

    少女と植物って最強の組み合わせだな…

    痛くて切なくて、けれども甘やかで、抗えない。同性に対する特別な感情。
    なくすのが怖いから、大切なものは手にとらない。手にとる資格が自分にあるのかもわからない。
    そんなことを考えていたと思い出した。

    こんな風に愛することは、寂しいけれどもしあわせなのかもしれない。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2020.07.03

  • ちこ(´・ω・)

    ちこ(´・ω・)

    「若宮波留花は蘇芳キキとの出会いを語る」
    彼女の発した一言により。
    教師として彼は自分の保身しか考えていない事は少なからず分かったが、もしも彼女が虐めを苦に亡くなったら知らぬ存ぜぬでは通らないよな。
    自分の地位を利用し助けるのは良いかもしれないが、自らも加害者ならば同じなのでは。

    「蘇芳カラは蔓の絡まった家の前に立っている」
    姉は人殺しであり危険で。
    どちらの言葉が本当なのか真実を知りたくとも当人以外への聞き込みは失敗ばかりで、挙句の果てには姉妹どちらにも関わるべきでないとはどういう事なのだろう。
    誰も思い出したくないのは分かるが、忠告するぐらいなら何も知らない彼女に教えるべきでは。

    「若宮波留花は乳房の成長と日に二度の接吻に懊悩する」
    脅しに屈しず逃げた先に。
    校則違反だとしても彼の言っている事は本当なのか証拠を見た訳でないのであれば、あの場では彼の行いの方が世間的バッシングの対象であるのだから逃げるが正解だろう。
    もしも本当に自らの娘が傷物にされていても、あのような行動を取るのであれば親として失格では。

    「クラスメイトが二人死に、蘇芳キキは失踪する」
    戻った時足元に居たのは。
    両親がいつも通りいたら彼女は学園に戻る事は無かっただろうが、実際な目の前で殺人を見た訳でないのだから彼女が犯人と思うには早い気もするな。
    彼女の家の様子を見ていると最早家庭崩壊寸前というよりも、完全に壊れきっている様に見えるな。

    「若宮波留花は蘇芳キキの行方を追う」
    行方不明の彼女を探す為に。
    流石にあの医者が嘘を言っているように思えないとなると彼女の発言の殆どが嘘になると考えると、これから先会話の中から真実を見つけるには苦労しそうだな。
    口を滑らせ一部始終を話してしまったが、これが後にどう響くのか少し不安だな。

    「薔薇色の部屋で蘇芳カラと絡まり合う」
    廃墟の様な自宅の真実とは。
    彼女はいつから亡き者であったのか分からないが、狂っていたのは誰でもない彼女自身でありキキとカラの存在すらも怪しくなってきたな。
    彼は学内で教師という立場を利用し、自らの楽園を築いていたのかもしれないな。

    「薔薇紳士団長は長い口上を述べる」
    これまでの事件は全て彼の。
    虐待される事を諦めてしまい受け入れてしまえば、相手は付け上がる一方で自らが助かる可能性を減らしていっている事になってしまうんだよな。
    現実に存在する者と既にこの世に居ない者、彼女はいつから夢現な日々を送っていたのだろう。
    続きを読む

    投稿日:2020.03.12

  • ako.

    ako.

    このレビューはネタバレを含みます

    青春時代の青さ、痛さがとても鮮烈。
    今までの森さんの小説とは少しイメージが違っていて、後半不意に『あれ、桜庭一樹さんの小説読んでたんだっけ?』となる瞬間がありました。『砂糖菓子の弾丸ー』をふと思い出したのです。なんとなく。

    ミステリーと言っていいのかしら。幻想小説といった印象。嫌いじゃなかったです。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2020.01.17

  • ao-neko

    ao-neko

    植物と少女たちの物語。百合小説であり、ややファンタジックなミステリでもあります。植物を愛する孤高の少女・キキと彼女に惹かれる波留花。二人のあやうい関係が美しくもあり、切なくもあり。そして身の回りで起こる事件と不審な噂。どんどん危険な方向に転がってゆく物語と、キキと妹のカラとの間で揺れ動く波留花の心情から目が離せません。
    しかし。まさかそういう結末になるとは……プロローグからの騙しには完全に引っかかってしまいました。美しい花が枯れるのではなく腐敗していくようなこの展開には思わず絶句。だけどある意味彼女たちは幸せなのでしょうか……?
    続きを読む

    投稿日:2019.12.31

  • 雄志

    雄志

    このレビューはネタバレを含みます

     こりゃーすごい百合だ。美しさのある百合だ。
     読み進めていくうちに感覚が麻痺して現実が分からなくなる。植物が生み出す幻想なのか……それともホリックなのか。
     キキが最初は人間離れしたところがあるのに最後なんか普通に少女だよ……。外見では凛としていても、心の内は戸惑いと悩みの連続だったと思う。それこそあがき。
     最後のところはまるで星の王子さまのよう。悲しいけれど、光景が美しい。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.11.15

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。