大家さんと僕 これから

矢部太郎 / 新潮社
(9件のレビュー)

総合評価:

平均 4.7
4
2
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • きゆ

    きゆ

    このレビューはネタバレを含みます

    これからで続編で完結。
    わかってはいたけど、ゆっくり読みたくて、話が終わるのがつらかった。本当にいい話でした。
    ありがとう大家さん。矢部さん。おつかれさまでした。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.08.13

  • asunopedal

    asunopedal

    読者がこれだけ寂しんだから矢部さんのお気持ちを考えると辛い。

    大家さんと矢部さんの出会いをおすそ分け頂いて、ほっこりさせてもらいありがとうございます。

    投稿日:2019.08.04

  • まんぷく

    まんぷく

    なんて素敵な出逢いなんでしょう。

    血縁でも得られないようなめぐり逢いを得た矢部さん。

    年齢や性別、バックグランドの違いを超えたお互いへの敬意や想いが、柔らな観察力と、温かい筆遣いで、涙を誘う。
    家さんの素敵なところに気づけたのは、それは矢部さんが素敵な人だったから。

    ああ、私もこんな出逢いが心から羨ましい。

    自分以外は皆「他者」。互いの「異質」から、様々な出来事を経て、互いの「均質」や「面白さ」に気づき、心を近づける。人生の醍醐味ではないか。

    そんな大家さんという存在の喪失感は、矢部君にとってどれほど辛い経験だったことか、想像し涙が溢れる。

    矢部君が自分の想いや、大家さんとの思い出を表に出すことで、いつかきっと前に進めると思う。そしてそれをこの作品で共有できる私たちも…。

    お二人に、ありがとうございました。
    続きを読む

    投稿日:2019.08.02

  • nomunomu0314

    nomunomu0314

    前作の続きというか、少し、エピソードはかぶっている部分もありつつ、大家さんの死を受け入れるまでという感じ。

    前作よりかなりよかった!!のは、矢部さんの伝えたいことが明確にわかったから。
    前作は日常の面白いことを淡々と伝えてくれていた漫画であったけど、今作は同じような出来事でもそれプラス矢部さんの優しい気持ちが随所にあふれていていた。伝えたいこともよくわかった。編集さんの誘導もよかったのかもしれない。
    読んでいて優しい気持ちになれる。

    個人的には
    吉本の給料割合について大家さんに説明する部分が
    ツボだった。色々あるかもしれないけど、いいタイミングで売れてよかったね。と思ってしまいました。

    今後も矢部漫画に期待!一発漫画家にはならずに色々挑戦して欲しい。
    あと3回は読み返したい。
    続きを読む

    投稿日:2019.08.01

  • chokusuna

    chokusuna

    このレビューはネタバレを含みます

    読み終えて、やはり温かい気持ちに。大家さんも行きつけの美容師さんもいっしょに寝ちゃった話が、とくにほっこり。ギャル男の後輩のちゃーんも再び見れておかしかった。近所の人たちから主人公の知らない大家さん像が語られるのもよかった。もう…続きが出ないのは悲しい。けれど、他の作品も書いてほしい。/ガサツな先輩の、枯れた花は咲かない、でもそこから学べること美しさはたくさんある、て言葉にしんみりとしつつ。/

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.07.29

  • yumi

    yumi

    大家さんが亡くなってしまったことを聞いていたので
    大家さんを思い出し一つ一つを噛みしめながら読み進めていきましたが、ラストはおぼろげに描かれているのに
    それが更に悲しい思いになり涙が出そうになってしまいました。

    以前よりも矢部さんが大家さんに心を寄り添いながら
    一緒に行動していて、大家さんも出かける時には特に
    その時間を大切に楽しんでいる姿がとても微笑ましかったです。

    戦争を知らない世代では、
    普段普通に生活している時には戦争のことは思い出す
    ことは殆どないですが、大家さんは戦争を体験したので
    日常生活の上で常に戦争の事を思い出されていて
    とても辛いような気がしてしまいました。

    売れない芸人さんの言った言葉で
    枯れた花は咲かない。
    でもそこから学べること。
    美しさは沢山ある。大家さんはただ下っているんじゃない。
    ゆっくりと景色を楽しみながら下っているんや。
    急いだ上りでは見えなかった景色を違う角度から
    ゆっくりと見ているんや。
    という言葉がとても印象的で素敵な言葉でした。

    親子でもなく友達でもなく世代を超えた
    心の触れ合いがとても良く、こうゆう体験は
    のちの人生を過ごす上でとても貴重だと思わされました。

    大家さんのことはもう描けないと思いますが、
    これだけの心温まる素晴らしい作品が描ける才能があるので
    心の整理がついてからでも良いので、
    別の漫画を描いてみても良いかとも思いました。
    続きを読む

    投稿日:2019.07.28

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。