ケイトが恐れるすべて

ピーター・スワンソン, 務台夏子 / 創元推理文庫
(32件のレビュー)

総合評価:

平均 3.8
5
16
6
2
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • うみかもめ

    うみかもめ

     小説が始まってほどなく主要な登場人物はすべて登場するが、出てくる人物すべてのクセがすごい。サイコパスな犯人による猟奇殺人が絡んでいるが、どこまでが犯人サイドで、どこまでが被害者になり得る側なのか、ストーリー展開はスピーディーで先を読み急がせる。鳥肌モノの最後のあと、もうひと展開期待したが、そこまではそこは抜けていなかった。続きを読む

    投稿日:2021.07.24

  • NORAxx

    NORAxx

    ミランダ〜から早数ヶ月、無駄な寄り道が多かったイメージの作家様でしたが今回は最後まで大変楽しく読む事が出来ました。

    又従兄弟のコービンと住居交換をしたケイト。
    過去の男ジョージの黒い影に苦しみ、自分を変えるために踏み出した一歩のはずがーー。
    翌日隣人オードリーが不審死を遂げる。彼女を取り巻くアランやジャック 悲劇の定番スパイス複数メンズの存在。
    このスリーメンズの発言はどれも興味深く、まるで「ダウト」をしているかのよう。

    誰が真実を語り、誰が嘘を吐いているのか...主にこちらが読者の興味をそそるメインストリートとなるのですが、この侵食していくようなジワジワと進む前半とは打って変わって、
    終盤に入っての突如のギア変、THE サスペンスなスピード感は休息を許してくれません。
    言ってくれればその前に睡眠を挟んだものを...寝不足です( ³_³ )

    酷いトラウマから抜け出そうとするケイト。
    消して熱意や根性がある訳ではなくどこか「あわよくば...」な彼女の姿勢に第三者として不快な気持ちは持てど、
    そんなグラグラのメンタルに「リアル」を感じとても好感的なキャラクターとなりました。
    前作同様、誰一人メンズキャラに感情移入は出来ませんでしたが。。笑

    星の欠けた部分は、上記と被る+ネタバレ回避の為思いっきりボカしますがスリーメンズ達の行動ですね。
    恋愛の仕方が小学生( ˙σー˙ )
    ヒーローな自分に酔いしれてる感が小学生( ˙σー˙ )
    操られてるのか?レベルのいきなりの行動力が作者のマリオネット( ˙σー˙ )
    むむむぅ、、キャラの全てに美を感じない。

    ストーリーは好物でしたが、役者が不服でした。
    まだ二作目ですがどうやらこの作家様の作り出すメンズと私の相性はすこぶる悪いご様子です。。(無念)
    ーーーーーーーーーーー

    サスペンスが主食の貴方。是非、オードリーの不審死の真実とケイトの行く末にドキマギしながらこの作品を楽しんで下さいませ(* ´ ˘ ` *)
    続きを読む

    投稿日:2021.07.16

  • シキモリタカシ

    シキモリタカシ

    主人公のケイトが又従兄のコービンと住居を交換した直後、隣人の死体が発見される所から始まるサスペンス。描写が非常に緻密で序盤は頁を捲る手が滞ったものの、話が動き出してからは俄然捗る。伏線を全て回収し、収まるべき所にきっちり収まる非常に懇切丁寧な作品ではあるが、筋書きの割に遠回りした印象は否めないし、犯人視点の第二部が冗長ゆえに第一部のラストをピークに物語も盛り下がっていく。犯人が典型的なサイコパスだと意外性がなさ過ぎてどうしても興醒めしてしまう。食事の描写は「そしてミランダを殺す」と同様に秀逸だったけれど。続きを読む

    投稿日:2021.06.24

  • タマセツ

    タマセツ

    二股恋愛で遊び半分が殺害事件となった。アリバイトリックで即座には逮捕されなかったが犯罪は繰り返された。人間は一度上手くいくとうまく逃れると思ってしまうのか。

    投稿日:2021.04.15

  • small fortune

    small fortune

    ミステリー。

    ロンドンに住むケイトは、ボストンに住む又従兄のコービンと住居を半年交換する事になる。

    ケイトがボストンの交換した住居に到着した翌日に、隣人が死体で発見される。

    疑わしい人物が複数出てくるが、物語に出てくる男達が、全て変だった(笑)。

    ケイト自身も過去に壮絶な体験をしている。

    ケイトの過去と、コービンの過去が語られていくが、ストーリーが進むにつれて、想像の上をいく狂気が展開されていく。

    凄いストーリーだった。
    続きを読む

    投稿日:2021.01.11

  • 飴南瓜

    飴南瓜

    他の人が誉めている程、感激はしなかった。
    多分和訳の文章を読みづらいと感じたせいかも。
    本の中で一番気に入っているのはサンダースの描写。もしくは誰かが語るサンダースの性質。彼は建物全体を自分の住みかだと思っているし、住人全員を彼のスタッフだと思っている。可愛い。彼はこの建物に属している事は明らか。続きを読む

    投稿日:2020.09.13

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。