ビジネスで勝つネットゲリラ戦術【詳説】

えらいてんちょう / ワニの本
(4件のレビュー)

総合評価:

平均 3.0
0
1
2
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • みはえる

    みはえる

    時代が急速に変わっている。
    世の流れを分析しつつ、その世界で勝つための成功戦術が書かれている。たぶん、世の99%の人にどうでもいいよと思われるルールブック。

    投稿日:2019.10.16

  • かぼす

    かぼす

    企業しようかなーとぼんやり思ってきた今日この頃。
    つい大手と同じ方法で...
    と思ってしまうけどそれじゃ勝てるはずがないですね。

    「戦力の集中」
    自分だけができるなにかに特化していこうと思いました。

    投稿日:2019.08.06

  • kenfru

    kenfru

    30分あれば読み切れる。前半はテンポがあり、気づきのある展開だが、後半にレペゼン地球やN国党を持ち出したあたりからネタが尽きた感。品格が疑われる引用は著者の信用をも棄損する。

    投稿日:2019.07.21

  • Touchy_sun

    Touchy_sun

    このレビューはネタバレを含みます

    【気になった場所】

    インターネットの普及やSNSの登場はメディアをめぐる環境を大きく変えた
    →急激な変化に対応できていない大企業(正規軍)は多い
    →組織に属さない個人が、いわばゲリラとして活躍できる時代がきた

    ゲリラ向きの時代になった理由
    ・SNSで個人の情報発信が可能
    ・チャンネルが多様化した
    →人の好みは多様なため、特定のジャンルに特化できる個人が有利になる場合がある

    ゲリラの戦い方
    ・正規軍のルールに乗らない
    =正規軍の真似をしてはいけない
    →ルールが狂うバグをうまく利用する
    →最も簡単に見つかるバグは、人の感情
    →人の感情は移ろいやすいため
    →感情に訴えることで人を味方につける

    ・限られたリソースを集中する
    →何か一つでも正規軍に勝てば、次に繋がる
    →ゲリラが正規軍に勝つと珍しがられる
    →その注目を集め続けることが大事

    例)
    本を出すなら、書店への挨拶回りはしろ
    →本を売るのは書店の人だから

    ・とにかく素早く決断する
    →意思決定が遅い正規軍より優位に立てる
    →失うものがない分、失敗を恐れる必要ない
    →トライ&エラーを繰り返し、撤退も厭わない

    ゲリラの主要武器=贈与
    →贈与を武器に、人の心をつかむ
    →金やモノ以外に、周囲がプラスになれば贈与
    →贈与の目的=人の心をつかむ+投資である
    →将来的に価値が上がりそうな人を狙って投資
    →贈与は大きさより、頻度とタイミングが重要

    将来的に価値が上がりそうな人
    ・期待の新人
    ・一時的に人気が落ちた人
    ・社会の馴染めない人

    感情のバグの見つけ方
    ・日頃から人の感情に注意する
    ・個人的な感情をぶつける
    ・何らかの感情に飢えた人を探す

    人に役割を与えることも贈与
    →人は役割を求める
    =自分だけにできることを探す
    →与えられるタスクを多く抱えておく

    正規軍に属しつつゲリラになる方法
    ・将来的に価値が上がりそうな人に贈与する
    ・贈与はタイミングと頻度が大事
    ・その人ができることを、できる範囲で頼む

    お金ではなく思想で人を動かす
    =相手の共感を刺激する
    →人は苦労に共感する

    ゲリラ組織のつくり方
    ・つながりはゆるくする
    ・ゆるい独裁で意思決定を下す
    ・協力者との利害一致する状態を維持

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.06.30

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。