ガーディアン・プリンセス

花衣沙久羅, 早瀬あきら / 集英社コバルト文庫
(4件のレビュー)

総合評価:

平均 3.3
0
2
1
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • ainon

    ainon

    19世紀ロンドンを舞台に、
    公爵令嬢兼ガーディアンプリンセスな主人公と
    世間を賑わす大怪盗バロンの、
    冒険と恋の始まりの物語。

    シリーズ1

    主人公が魅力的で、
    バロンも素敵


    花衣さんは、blの作品ばかり読んできたので
    ノーマルはとても新鮮!

    続きを読む

    投稿日:2019.04.02

  • うらこ

    うらこ

    このレビューはネタバレを含みます

    中世のロンドンで、侯爵家の令嬢ヴィヴィアンが、ガーディアン・プリンセスとしての仕事を行っている途中で出会った、怪盗バロン。そんなバロンの正体は、成り上がりのジェラルド・ムーア。

    いきなりキスから始まり、作中でも何度もキスしてますが、バロンだろヴィヴィアンに好意を寄せられて、ジェラルドだと敵意をもたれているジェラルドの葛藤が楽しいです。

    まだヴィヴィアンは、バロン=ジェラルドだとは分かっていないみたいですけど、同一人物だと分かったときの反応が楽しみです。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2011.11.30

  • LUNA

    LUNA

    19世紀初頭のロンドンが舞台で、世界観もよく。
    公爵令嬢で義賊のヴィヴィアンと、怪盗バロンのお話。
    かわいらしくて、すぐに読めちゃいました。
    華やかな社交界の様子は心躍るし、ガーディアン・プリンセスの任務を行うところはハラハラ、二人の距離がだんだん縮まっていくのにはドキドキ。続きを読む

    投稿日:2009.07.28

  • 磯風遥

    磯風遥

    いきなりキスから始まるラブストーリー。
    中世ヨーロッパ?が舞台です。

    怪盗バロンの正体はまぁふーんて感じ。
    主人公は全く気づかない、知らないでいて嫌いな男を好きになってる。

    どうにも描写がくさすぎる。
    いや、この作者様の手にかかれば読めないことはないけど、読んでて恥ずかしくなる。

    個人的にはシヴァが好き。
    続きを読む

    投稿日:2008.02.18

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。