バカになれ 50歳から人生に勢いを取り戻す

齋藤 孝 / 朝日新書
(6件のレビュー)

総合評価:

平均 3.7
0
4
2
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • ドラソル

    ドラソル

    齋藤孝の啓蒙書。

    「50歳から」とコピーにはあるが、年齢関係なく普遍的な生き方を示しているように思えた。

    投稿日:2020.11.14

  • ロンロン

    ロンロン

    前半はよかったけど、特に後半はこの方の他の著書と似たような話。いろんな書籍などから引用して、なんとなくまとめる感じ。
    ま、たくさん書いてるから仕方ないけど…
    けど、図書館ではなく自分で買うことで頭の中の思考の軌跡が残るっていうのはその通りだなぁ。お金と本棚が必要だけど…

    何事にも感動できなくなったと嘆いている人がいたとしたら、それは加齢や老化のせいではなく、「最近インプットが足りなかったから」です。
    教養のなせる業
    目的のない学問のすすめ
    語学の牙城に包まれてみたくなった
    自分が興味を持った牙城を果敢に攻める
    続きを読む

    投稿日:2020.07.05

  • 司馬哲

    司馬哲

    このレビューはネタバレを含みます

    50代からの人生を充実させるための指針
    ①自分の人生を生きる
    他人からの評価の軸で生きるのではなく、自分の価値観で生きる。「いいね」を求めて無理して疲れてる場合ではない。
    ②情熱を取戻す
    ・役立つかどうかという判断軸ではなく、自分が楽しく感じて、情熱を持てることに取り組んで行く。(愉しいと感じた時にメモするようにすると良い)
    ③老害にならない
    ・知識を自慢したり、自分に理があることを背景に強く見せたいと想う気持ちが、相手を不快にさせていることを冷静に俯瞰する。(本当に気をつけよう!)

    レビューの続きを読む

    投稿日:2020.06.14

  • taka_2

    taka_2

    バカ=何かにこだわりを持った人、と解釈しました。浅く広くよりも、一つでも深くした方が50歳からの人生充実するんじゃない?てことかなと。趣味を持とうという話に近いかも。それがお金になるならベターなんですけどね。続きを読む

    投稿日:2020.03.20

  • toshi1231

    toshi1231

    50歳からの人生を活き活きと過ごすためのヒント。まずは人生を苦しくする「他人の目線」「コンプライアンス意識」「個性的でなければいけないという観念」から解き放たれることを意識すること。そのうえで、若いころのように好奇心に任せて興味範囲を広げること、心と体を鍛えること、ゾーンに入れるような取組をすること、先人の熱情に触れること。
    ひとつひとつは単純なようでいて、鋭いところをついていると思います。まだまだ老け込むのはもったいない。好奇心あふれた人生後半戦にできればと思います。
    続きを読む

    投稿日:2019.08.09

  • あらのり

    あらのり

    読んだら自分が変われるかな、と思い買って読みました。読みやすかったですが、もう一つインパクトがなくて残念でした。

    投稿日:2019.08.06

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。