他人の不幸は蜜の味

貫井徳郎 / 南雲堂
(11件のレビュー)

総合評価:

平均 3.6
1
2
4
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • Kani

    Kani

    「ラビットボールの切断」白井智之
    のみがKindleで購入できたので、この作品しか読んでいません。
    「平成に捧げる小説集」がテーマのようです。

    変わらぬエログロ感で、笑いながら読んでいました。
    編なので気軽に読める割にきちんとミステリーなので、事件もあり、トリックもあり。
    毎度変わらず犯人はハズれますが。
    白井智之の作品は、意表を突かれる表現方法が魅力の1つだと思います。
    物事や気持ちの例えを表す表現を、
    「万馬券を拾ったような気分」
    「政治家みたいなわざとらしい笑み」
    「狂犬病のサルみたい」
    「ウシガエルみたいにたるんだ顔」とか。
    もっともっと奇抜な表現がたくさんあるのだけれど、すごく自然に、さらりと使いこなすので、いちいち頭の片隅で突っかかる事がありません。
    私にとってですが、ある種の「癒し」です。

    新刊「名探偵のはらわた」(またタイトルが笑)とても楽しみです。
    続きを読む

    投稿日:2020.08.17

  • en

    en

    青崎有吾さん目当てで読んでみた。やっぱり青崎有吾さんの作品が1番好きかな。どちらかというと苦手な作品が多かったかも…

    投稿日:2020.04.04

  • スミソニアン

    スミソニアン

    振り返るにはまだ早すぎるかもしれないが
    平成という時代は昭和を薄めて伸ばした時代だなーとも
    ただ不穏さだけが増していて不気味

    アンソロジーながら明確なオチを求めなくなったともいえるのかもしれない
    なたで判断してくださいと言われているようで
    その個々の判断が肥大している

    個別の感想
    「加速してゆく」 /青崎有吾 福知山線の事故をある意味ショーアップして
    うまくまとめている

    「消費税狂騒曲」 /乾くるみ 皆さんにとっていいことが個人を無視しているのをよく表しているし、答えから無理くり論旨展開している消費税を感じた

    「白黒館の殺人」 /小森健太朗
    弱者の味方をすることで自分を守ろうとしてる人嫌い
    続きを読む

    投稿日:2019.12.08

  • ao-neko

    ao-neko

    平成に起きたさまざまな事象をテーマに編まれたアンソロジー。売り文句(帯とか)には「ミステリ」とは書いてないのだけれど。全部ミステリだよなあ。平成を懐かしみながら読む一冊です。
    お気に入りは千澤のり子「半分オトナ」。正直、ひどい話と言えばひどい話。だけどなんだかすかっとする読み心地の物語でした。犯罪だけど、なんとなく非難できないんだよね。そして彼らの未来が明るいものであってほしいと思えるのも確か。
    貫井徳郎「他人の不幸は蜜の味」もインパクトの強い一作。だけどこれが一番現実に近いというか、誰の身に起こっても不思議でない気がしました。いつどのようにしてこのような災難が降りかからないとも限らない、と思えば。現代社会のあれはとてつもなく恐ろしいなあ。
    続きを読む

    投稿日:2019.07.08

  • ともりぶ

    ともりぶ

    平成デビュー作家が平成の事件・事故・出来事を題材にしたアンソロジー。平成を懐かしむタイプの本でないのは、最初の福知山線脱線事故についての話を読んで嫌というほどわかった。全体的に辛いけれど読み応えがある作品揃い。避けては通れない東日本大震災や原発のテーマは、天祢さんのキョウカンカクのキャラが登場したのでシビアになりすぎずとても良かった。(白井作品だけはは早々に読むのを放棄。)続きを読む

    投稿日:2019.06.27

  • herbtea

    herbtea

    平成デビュー作家が平成の出来事をモチーフにしたアンソロジー。自分の経験として思い出したのは携帯でのメールや消費税導入時の小銭の感覚。印象深かったのは福知山線脱線事故を扱った青柳作品、ネット冤罪の貫井作品。新興宗教を扱った白井作品は、いつも通りで苦笑しました。震災の話は読むのが辛いですが天祢作品はとても良かった。扱っているものがどれも楽しい印象のものではないので、作品もかなり痛々しいものになり楽しかったとは言い難いですが、解説を含め平成を振り返る切り口としてとても良かったと思います。続きを読む

    投稿日:2019.06.15

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。