ヒキタさん! ご懐妊ですよ

ヒキタクニオ / 光文社文庫
(4件のレビュー)

総合評価:

平均 3.7
0
2
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • ぴーまん

    ぴーまん

    ユーモアたっぷりで読みやすかった。自虐などもあって、つい笑っちゃうところもたくさんあった。男性目線の不妊の話ははじめて知る事がとにかく多かった。次こそ!次こそ!って読んでるこっちまで力入っちゃったな。授かって本当に良かったと思って心あったまったな。続きを読む

    投稿日:2019.10.07

  • collabo

    collabo

    このレビューはネタバレを含みます

    妻の一言で、すべてが変わった。話題のアラフィフ作家の「男の妊活」に励む物語。夫婦ふたりで気ままな生活を送るつもりだったヒキタクニオと一回り以上年の離れた妻。ある日妻が「ヒキタさんの子どもに会いたい」

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.09.28

  • 映画本棚

    映画本棚

    「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」
    公開日:2019年10月4日
    妻の一言がきっかけで妊活を始めた作家、ヒキタクニオ。彼は自身に不妊の原因があることを知って、年下の妻と共に困難を乗り越えようと試みる。
    ャスト:松重豊、北川景子、濱田岳、伊東四朗、山中崇
    監督:細川徹
    https://hikitasan-gokainin.com/
    続きを読む

    投稿日:2019.08.22

  • ことぶきジロー

    ことぶきジロー

    ヒキタクニオ『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』光文社文庫。

    不妊治療ドキュメント。ヒキタクニオの小説以外の作品を読むのは初めて。45歳と35歳の夫婦が自然に子供を授かることの難しさと大変さが、ユーモラスな文章の端々から伝わってくる。

    今の世の中、子供はまだかとか、他人の夫婦生活に関して一寸したことを話すのもタブーになっているが、周りを見ると、なかなか子供を授かることの出来ないで悩む夫婦が多いようだ。不妊治療の費用も馬鹿にならず、やむなく断念した夫婦もいるようだ。食生活の変化や様々な環境変化も一因にあるのかも知れない。

    2012年に光文社新書から刊行された同名作品を文庫化。

    本体価格600円
    ★★★★
    続きを読む

    投稿日:2019.06.02

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。