マツダ 心を燃やす逆転の経営

山中 浩之 / 日経BP
(11件のレビュー)

総合評価:

平均 4.2
3
6
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • kenshinakagawa

    kenshinakagawa

    新聞で紹介されていたので読んでみた。マツダ復活の立役者を紹介し、どのようなプロセスを経たのかが書かれた本。どの会社でも共通していることはトップのビジョンがはっきりしているので、下が迷わないということ。

    投稿日:2019.09.29

  • yusanya

    yusanya

    このレビューはネタバレを含みます

    マツダが蘇った物語。
    かって担当した企業でもあり、金井社長、人見本部長なども出て来て興味深く読めた。多額の投資が必要無くなったという話の意味もこれを読むと理解できる。
    ①PDマネジメントは、問題が起きないように考える。
     CAマネジネントは、問題が起きた後に修正する。Pの時点で踏ん張ることが重要。2律違反を徹底的に究明。
    ②10年先のあるべきSPECを想定して、それに向けて開発する。数車種共通してビジョンを作ると、後戻りが少ない、効率的。早く動けば、先に失敗出来、早い時点で修正出来る。失敗しても、プランBをすれば合格点が取れる。
    ③わかっていない事が分かるというのは大進歩。
    ④エジソンは700回失敗したと言われるが、本人はうまくいかないやり方を700個見つけたと言っている。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.09.11

  • nkon

    nkon

    友人が推薦していた本。積んであったのだが、飛行機が遅延した待ち時間で一気に読んでしまった。

    中堅自動車メーカーであるマツダの業績を回復させた開発手法に関するビジネス書。
    その開発手法は「一括企画」「コモンアーキテクチャ」「フレキシブル生産」。

    マツダの場合は中堅自動車メーカーであるので、商品は車。車の市場はこなれているので、十分に将来を予測することができる。また、車種は複数あれど車なので、大きくはみ出すものではない。一方で、トヨタなどに比べると開発リソースには限りがある。そこで生み出されたのが「一括企画」「コモンアーキテクチャ」という方法。

    しっかり市場予測をして5~10年先の市場で求められる車(車種を含めて数種類)を一括で企画して、そこで求められる技術要素を先行開発する。開発された技術要素やデザインコンセプトは、その数種類の車種すべてで用いられる(コモンアーキテクチャ)。だから少ないリソースで、複数の車種を効率的に開発できる、ということ。また複数の車種を同時に開発し同時に生産することが前提となっているので、製造ジグの位置決めピン、掴み代、加工方法なども共通化して派生品を生み出しやすい設計にしておくことによってフレキシブル生産が可能となる。

    実際にマツダの業績は回復しているし、目指すブランドイメージ(運転の楽しさ)を実現している製品群が出てきている。ただし、前提条件は、マツダに特化している。つまり、車業界であり技術がこなれており予測が立てやすい。企業規模とブランド絞り込みにより、車種も限られている。エンジン駆動で運転の楽しさがある乗用車。つまりEV、コスパ勝負、商業車などは対象外。こういった前提条件があるから、同じ技術で車種を作り分けることができるのだろう。コンサル的な手法によらずに、自らで考え出した開発手法で、業績とブランドを向上させている企業は尊敬に値する。
    続きを読む

    投稿日:2019.08.26

  • minerva-48

    minerva-48

    個人的には過去2回、金井会長の講演を聞いたことがあるが、本書は対談形式を用いて、金井会長の考え方やキャラクターまでも上手く引き出していると感じた。

    投稿日:2019.07.29

  • tech-h21

    tech-h21

    最近のマツダがしっかりしたコンセプトのもとクルマ作りをしていることがよくわかる。明快な語りでわかりやすく、勇気づけられました。
    以前他にもマツダの本を読んだがそれもおもしろかったあ

    投稿日:2019.07.23

  • uzbooklog

    uzbooklog

    インタビュアーである著者の巧みな聞き出す力によって、とても魅力的な一冊に仕上がっていると感じました。
    今のマツダを知るには最適な一冊。
    随所で金井会長の口から出たフレーズは「運がよかった」だったように思います。
    金井会長に限らず、成功を収めた多くの成功者が「運がよかった」のフレーズを口に出されるような気がいたしますが、ひたむきな正しい方向に向かう努力があってこそ、運が向いてくるのだと改めて思いました。
    付箋は37枚付きました。
    続きを読む

    投稿日:2019.07.10

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。