発達障害バブルの真相

米田倫康 / 萬書房
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 5.0
2
0
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • Queen Penguin

    Queen Penguin

    問題なのは、過大診断の発達障害とその結果多くで薬診断になってしまうこと。警鐘を鳴らしている点は納得。
    著者も書いてる通り、この本自体も鵜呑みにするのではなく自分で調べたり判断基準をしっかりもつこと。

    発達障害って言葉がここまでメジャーになったのは、きっと江戸時代とか昔からも、ちょっとずれてるな〜って人いたと思うけど、世の中みんな余裕がなくなってきて、周りがちょっとづれてる人を受け入れられなくなってきて、結果本人が生きずらくなって...という感じなのかなと思ってます。。
    続きを読む

    投稿日:2019.09.13

  • 08thse

    08thse

    「発達障害」という言葉が広がっていることについて、別の側面から警笛を鳴らしている本。
    世の中の動きは基本的にビジネスに繋がっていること、意図的かどうかに関わらず本来の意図とは異なる形で広がってしまうことなど、色々と考えさせられる本です。
    こういう本もきちんと読んでいくのが良いと思います。
    続きを読む

    投稿日:2019.03.28

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。