おとなの教養 2 私たちはいま、どこにいるのか?

池上彰 / NHK出版
(26件のレビュー)

総合評価:

平均 4.2
8
12
1
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 官兵衛

    官兵衛

    前回は「今まで」を、今回は「今から」を学ばせていただきました。
    先日話題になったカショギ記者の事も書かれており、少し興奮しました。地政学という、世界を分析するには新たな視点を得ました。

    投稿日:2021.03.04

  • のどぐろ

    のどぐろ

     前作では、自分自身を知るための教養として7つの科目を挙げていた。本作では「私たちはいま、どこにいるのか?」という問題意識の下、重要な項目として、➀AIとビッグデータ、➁キャッシュレス社会と仮想通貨、➂想像の共同体、➃地政学、➄ポピュリズム、➅日本国憲法、の6つを挙げている。

     前作からぐっと身近に、ニュースでよく見聞きするテーマが簡潔にまとめられています。どれもなんとなく知っている内容ですが、テレビや新聞を通して得られる情報では、背景やその後の展開まで理解することはできないし、何より自分の頭で考えることができません。

     私たちがいま生きる時代に起きている事ひとつひとつを自分の頭で理解して考えることが、やがては自分の将来を確かなものにするし、それはAIに取って替わられるものにはならない。自分で考えられることが、自分を自由にするのでしょうね。
    続きを読む

    投稿日:2021.01.26

  • まみ

    まみ

    池上さんの本はいつも分かりやすく為になる。
    他の本とダブル内容はあるけど、とても勉強になった。
    教養を身に付けることで、ニュースに流されることなく、自分で考えられるようになりたい。
    Kindle Unlimited続きを読む

    投稿日:2020.10.07

  • Kindle Unlimited 読み放題おすすめリスト

    Kindle Unlimited 読み放題おすすめリスト

     1章のAIとビックデータについて。読解力、理解力の限界についてや、そもそも分析する元となるデータにバイアスがかかっていた場合全く異なる結論がでることなどから、人間を凌駕するAIが現れることに懐疑的な見方です。この本で語っているのは、10年、20年という短い未来でしかないことに注意が必要だと思います。
     2章では、ただの紙やデータでしかない貨幣について。価値があるのは、互いの共同幻想から成り立っているという貨幣の説明から、3章の民族紛争についてつながっているのは、とてもわかりやすい。
     国や民族というものは、お金と同様に互いにそうであるという幻想である、と。確かに、民族など明確に見分ける方法などなく、自分がどの民族であるか自覚から成り立っています。
     また、5章の民主主義と選挙の問題点、ポピュリズムは大変勉強になりました。
     最初から最後まで、とてもわかりやすく、面白く読ませていただきました。
    続きを読む

    投稿日:2020.10.05

  • 有井 努 Tsutomu Arii

    有井 努 Tsutomu Arii

    前作はリベラルアーツについての教養を
    高める内容となっていましたが、今回は
    どちらかと言うと、池上氏得意の現在
    起きている世界情勢をしっかりと歴史を
    紐解きつつ学ぶという内容です。

    しかし、ただ「こうですよ」と伝える
    だけではなく、
    ①AIとビッグデータ
    ②キャッシュレス社会と仮想通貨
    ③想像の共同体
    ④地政学
    ⑤ポピュリズム
    ➅日本国憲法
    という6つのテーマに絞っています。

    特に「想像の共同体」は、現代社会に
    通底する思考であり、これを柱に
    時事問題を解説する姿勢は、池上氏の
    真骨頂です。
    続きを読む

    投稿日:2020.09.23

  • yuuichioka

    yuuichioka

    前作に続いての教養の本。
    教養とは「立ち止まって考える力」と池上さんは言う。自分としては、「ファクトフルネス」にもあったように、考えるために真実を知り、知識をもつということも教養の大事な部分であると思う。出来事には立場が違えば様々な側面がある。正しい知識といえども様々。情報は情報として知り、様々な中からどれが正いのか、過去の真実と照らし合わせながら自分なりに考えていくことも大事である。と思う。

    今回はAIや地政学、ポピュリズムなど非常に学びが深まった。さっそく新聞を読んでいても、この本で紹介されていたことがらと関連することがあり、自分なりに考えることができた。
    続きを読む

    投稿日:2020.08.30

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。