宇宙を生きる~世界を把握しようともがく営み~

磯部洋明 / 入門!ガクモン
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
0
1
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 城西大学水田記念図書館

    城西大学水田記念図書館

    貸出はコチラから
    https://libopac.josai.ac.jp/opac/opac_link/bibid/2000128751

    投稿日:2020.07.02

  • ひじり

    ひじり

    通っている京大天文教室にて著者の磯辺洋明氏が(しつこく)宣伝していて、
    興味が湧いたので購入。

    素人にもわかりやすく、
    イラストのテイストや巻末の参考文献の記載の仕方などに
    著者が純粋に知識のシェア
    もしくは天文学の啓蒙を望んでいるのが伺える。
    もっともイラストはこの「入門!ガクモン」シリーズであって著者の選択ではないとは思うが。

    内容は天文教室で話したこととほぼ同じ、
    だけどそれはこの本に手を抜いたのではなく、
    手を抜かれたのは講習の方だろうな。
    と解釈するのはひねくれているだろうか。
    著者が今研究しもっとも興味があることだから、
    本になり、講習にもなった、と考えるのが妥当かな。

    一見天文学や物理学の話かと思えば、
    「宇宙を生きる」とは、
    実はもっと幅ひろい。
    人類や社会、
    宇宙に人類が興味を持つ歴史や進出することによる人類への影響など、
    宇宙と人類の関わりについての考察や記述も多い。
    故に、純粋に物理的な知識を求めて読む人は肩透かしをくらってしまうかもしれない。
    けれどもこういった視点で宇宙というものを扱う著書はそんなには多くないので
    (あっても大抵この著者が絡んでいる)、
    他にあまり代わりがないユニークな本であると言えるし、
    視点はとても面白い。
    あるいは、
    宇宙が知的好奇心(もしくは軍事的目的)だけで語られる時代が終わり、
    もっと人類の生活・文化に近いものになったのかもしれない。

    先にも書いた通り、参考文献の記載の仕方がすばらしい。
    参考文献にきちんと全部目を通したのは初めてかもしれない(そうでもないかな)。
    この中から面白そうな本を選んでAmazonで注文してみました。
    もう絶版のものもあるけど。

    マイナス1は、イラストかな。
    アニメっぽい絵はどうも好きになれない。
    続きを読む

    投稿日:2019.10.22

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。