デート・ア・ライブ20 十香ワールド

橘公司, つなこ / 富士見ファンタジア文庫
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 3.5
0
1
1
0
0
  • 精霊大戦争

    前巻の続きのようで澪との戦いが終わり、平穏を取り戻し穏やかな生活に戻る精霊達ですがどこかに違和感を覚える士道。
    前巻ラストで気になる行動をしていたあのキャラも普通にいるのがかえって怪しい。
    そんな雰囲気の中活躍するのは狂三さんでデレても相変わらず重要なところを持って行きますねw
    また、戦闘シーンもありありそうでなかったシチュエーションで精霊たちが熱い戦いを繰り広げており面白かったですねw
    気になる終わり方で終わってしまっていますが、次でラストのようでどういう終わり方をするのか非常に楽しみですねw
    続きを読む

    投稿日:2019.05.02

ブクログレビュー

"powered by"

  • タカツテム

    タカツテム

    かつて無いほど穏やかな日々が展開する第20巻。

    澪が消えつつもDEMの野望を挫きずっと求めていた平和を士道たちはようやく手にしたわけだけど、そこから始まるのは更に都合の良すぎる平和な世界風景。
    平和を手にしたはずなのに、何故改めて平和な世界を作らなきゃいけないの?という疑問から始まる今作はとても穏やかに進行していく
    士道と十香のデート風景は天香を交えて和やかなものだし、裏側で展開する精霊たちのバトルロイヤルも命を懸けたものでないから緊張感は強くない。だからデート描写とバトル描写を交互に描いても違和感なく読み進めることが出来る

    それもそのはずで、穏やかにそして和やかに過ごす事こそこの世界が作られた目的なのだと判る終盤の展開はちょっとズルい。士道達の前に広がる日常風景はあまりにも強く儚い優しさによって支えられているのだと気付かされていく

    だからその世界が終わりを迎える際に示されるのもやはり優しさであって。十香と士道の為にあの権利を行使する四糸乃はいつの間にかとても強い子に育っていたんだなぁ
    続きを読む

    投稿日:2019.08.13

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。