わかりやすさの罠 池上流「知る力」の鍛え方

池上彰 / 集英社新書
(16件のレビュー)

総合評価:

平均 3.5
2
4
7
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • hori2221

    hori2221

    参考になった。
    マスコミを鵜呑みにせず、自分で考えることが大事。正解は個人で違う。考えることが出来るように鍛える、正確な情報を見分ける。
    安倍晋三総理は日本テレビ、日本放送がお気に入りで、出演する放送局を選ぶらしい。続きを読む

    投稿日:2019.08.21

  • えりりん

    えりりん

    池上さんが新聞をどう活用しているのかが興味深かった!
    そんなにたくさん読めませんよ。
    でも、読み比べ程度ならばできるかも。
    新聞によって紙面の大きさや扱いが違うのは納得。

    分からないことはどんどん調べないと、
    分かった気になってしまう。

    毎日新聞
    中国新聞SELECT

    深く調べたいときには新書

    池上さんすごいなあ。
    続きを読む

    投稿日:2019.07.23

  • カナ

    カナ

    2019.6 読了

    テレビ番組にも、安倍晋三がよく出るものとかあるんだね。何も知らないなかで、情報のヒントみたいなものを垣間見れる。
    池上彰のわかりやすさって、私たちが知らない過去の出来事との紐付けが上手いからかあ。自分の頭で考え判断するのは、学生から社会人になって急に身につくわけじゃないから、努力しないと難しいよなぁ。いろんな番組がもっと背景を取り上げてくれたら分かり易いなぁとはおもうけど。そんなことを思う、すぐわかりやすく説明してもらうことを求めることこそ、わかりやすさ、に浸かった私の現状なのかな←
    以下、思ったこと読んだ内容で引っかかりがあったところ。

    池上さんのいうことが正しいと思いますから、池上さんの考えを教えてください。そのとおりに従いますから とか、ふつうに言っちゃうセリフかも。
    近代、わかりやすさをすごく求められてるのかな、トランプさんのわかりやすいに特化した演説が選ばれる。
    ニュースは、誰が発しているかということが情報の質を決める。何人もの校閲を経た新聞の信頼度。誰もがジャーナリストになりうるSNS時代、根拠について、頭から信じない。
    取っておきたい記事は丸ごと破き、他はすぐ古紙回収。とりあえず積んでおき、ジャンルごとにクリアファイルへ入れ寝かす。数週間後、十分な情報が溜まったら、まとめる。
    新書はカルチャーセンター。ネットで調べたら手軽だが求めている情報にたどりつけない、確かな情報でないことがある。多くのものが校閲を経ており安心感がある。
    わかりやすさの罠、自分が分かったつもりになってないかどうか。チェックの仕方、誰かに伝えるということ。わかった!と言ってもらえる説明。自信を持って言えれば腑に落ちた。
    続きを読む

    投稿日:2019.06.29

  • ari1012

    ari1012

    このレビューはネタバレを含みます

    この人から何かを得たい、と思わせる方々は、本でインプットしながらポイントにはマーカー、さらにメモによるアウトプットをしている共通点。積ん読、って普通に使う言葉なんだ、と1つ本当に小さな学び。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.06.23

  • pepper921

    pepper921

    2019/5/9
    池上彰さんの本。内容はタイトル通り。現代の社会には多くの情報が散乱していて、簡単に情報が手に入るけどその裏付けや検証も自分でちゃんとやらないといけない。そしてSNSの普及している現代の人、特に若い人はその情報を自分で検証する力が低くなってるのでは無いかと警鐘を鳴らしているように感じた。自分も含めて。
    知ることだけでなく、他の人にうまく伝えてアウトプットしていくことで本当の力になっていくようなことが書いてあった。幸いにも得た知識をアウトプットする機会は仕事柄たくさんあるので実践していきたいと思う。
    池上彰さんも言っていたけど、やはり現地に実際に自分で行ってみて分かること、新しく知ることが沢山ある。そしてそれをさらに深く調べようと思うことが大切だと。
    ネットの情報もとっかかりとしてはいいのかもしれないが、しっかりと新聞、本などを使って検証していき真実を知って伝えることが大切だと、彼のジャーナリストとしての経験から語られてることにとても重みを感じた。
    何かとテレビにもネットにも肩を持つわけでもなく、その中でもさらに新聞と本、さらには現地取材の大切さを訴えていると感じた。
    自分も現地取材をするのはとても大事だと思うし、行ったからこそ伝えられること、手に入る情報があると思っている方なので、色々な視点を発見できるようにしたいなと思う。
    続きを読む

    投稿日:2019.05.09

  • hibino

    hibino

    以前は毎日最低四軒の書店を回っていたという池上さん。今はさすがにそこまでは回れないそうですが、それでも書店に行かない日はないそうです。私も本屋さんは好きで用がなくてもよく行くほうですが、さすがに毎日ではないので、まだまだだなと思いました。「迷ったら買う」のが正解、という言葉にも背中を押してもらった気持ちです。私も迷ったらとりあえず買う、をモットーにしていて、でも結局読めなくて積ん読になってる本も多くてちょっと罪悪感を感じていたので。続きを読む

    投稿日:2019.05.02

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。