渦 妹背山婦女庭訓 魂結び

大島真寿美 / 文春e-Books
(68件のレビュー)

総合評価:

平均 3.9
15
27
13
2
2

ブクログレビュー

"powered by"

  • たすきがけ

    たすきがけ

    操浄瑠璃に魅せられた一生。
    のめり込んで、関わって、それを仕事に出来て一生を終えることが出来るって、ものすごく幸せなことだと思いました。
    そんなに魅力的な人物とは思えなかったのですけど、生き方はすごいなと思いました。続きを読む

    投稿日:2019.11.11

  • ここ花

    ここ花

    直木賞受賞、文句なしに☆5つを付けられる作品。私のように浄瑠璃の世界が未知の方にもぜひお薦めしたい。物語が佳境に向かってクレッシェンドしていき静かにデクレッシェンドしていく物語の展開の仕方が心に優しく響く。読後、涙がスーッと頬を伝うのはなぜなのか。『‥‥逃れられぬ定めに振り回されていくばかりが人の世だ。それなのに、なぜうつくしい。悲しみも嘆きも、苦しみも涙も、なぜうつくしい。そうよな。それが浄瑠璃よな。‥‥』読者はきっと主人公、近松半二の目線の温かさに引き込まれるだろう。渦のように‥。続きを読む

    投稿日:2019.11.11

  • おかにゃん

    おかにゃん

    このレビューはネタバレを含みます

    浄瑠璃作者・近松半二の一代記。作品がつくられ公演がかけられるまでの過程が分かってとても面白かった!
    しかしそれが、浄瑠璃の隆盛と衰退の物語にも重なってしまうのが悲しい…浄瑠璃の衰退は現代に始まったことではないのね…。
    浄瑠璃に魅せられ、歌舞伎の人気で浄瑠璃が衰退してもなお魅力に取りつかれ続ける半二や、半二を取り巻く人々がみな魅力的。物語の世界に夢中になりすぎて、現実の人物と物語の中の人物の境界があいまいになっていく描写はとても共感できた。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.11.07

  • acchan1100

    acchan1100

    いつもの読むまでこの本が操浄瑠璃の物語とは知りませんでしたし、浄瑠璃に何の興味も持っていなかった事を告白します。
    そして、読み終えて、浄瑠璃の面白さを伝えてくれたこの本に感謝しかありません!
    直木賞の本、というと今まで読んだ本のほとんどが内容不明でなにが面白いのかさっぱりで、直木賞って本のゴールデンラズベリー賞みたいなものか?って思っていたくらいでしたが、これは大賞肯けました。
    なるほど、渦です。
    登場人物すべてに好感が持てるのも良かった。これは人に勧めたいです。
    続きを読む

    投稿日:2019.11.06

  • 稲石浩司

    稲石浩司

    このレビューはネタバレを含みます

    江戸時代の人形浄瑠璃作家の近松半二の生涯をえがいた歴史小説。

    人形浄瑠璃というと近松門左衛門しか知らなかったので勉強になりました。
    役者を描きやすい歌舞伎や狂言や能に比べてこの分野の小説は記憶にないですね。
    前半の作家になるまでと作家になってからの変化も面白く、タイトルの意味もよくわかりました。
    歌舞伎もそうですが時代や人物が次元を超えて展開する理由も作家の視点からはなんとなく理解できたような気もします。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.11.02

  • osagoto

    osagoto

    江戸時代、浄瑠璃の世界にどっぷりと浸かりきった作者「半二」の生涯の物語。

    正直、最初の方の段では、読み進めるのが億劫でした。
    しかし中盤の「渦」の項に差し掛かったあたりから、読みを止めることができなくなり、最後まで一気読み。
    まさに物語の「渦」に、自分が巻き込まれるが如く。面白かった。


    浄瑠璃や歌舞伎の作者だけでなく、何かを生み出すことは大きなやり甲斐があると同時に、常に生み出し続けないといけない悲しい定めのもとにある。

    その深淵はみてはならぬもの。
    のぞきこんではならぬもの。

    渦に巻き込まれてしまう。


    小説を生み出す作者さんも然り。
    作者の大島さんも、そんな自分たちのことを思いながら書き綴ったのかなと思ったりしました。
    続きを読む

    投稿日:2019.10.31

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。