文豪お墓まいり記

山崎ナオコーラ / 文春e-Books
(10件のレビュー)

総合評価:

平均 3.8
2
3
4
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • mhkmtzk

    mhkmtzk

    自分ち以外のお墓参りをしたことない自分
    そんな趣味はアリなのかとちょっと驚きつつ、興味深く読んだ
    お墓参りと肉はセットなのか、そうかー

    投稿日:2019.07.01

  • tamazusa_do

    tamazusa_do

    このレビューはネタバレを含みます

    『文豪 お墓まいり記』というタイトルを見て、文豪がお墓まいりに行って、あの世の先輩と交信するファンタジーなのかと思ったが、違った。
    いや、ファンタジーではないけれど、大体合ってる?

    表紙のイラストが、なんともBL小説っぽい。
    どういう読者層を想定しているのか考えてしまうが、私が釣りあげられたことは事実である。
    この表紙は、谷崎潤一郎が疎開先の住まいで、憧れていた永井荷風をすき焼きでもてなしている図だ。
    先輩を精いっぱいもてなしたくて、高価な牛肉を苦労して手に入れた。
    もちろん、戦時中にそんな贅沢をすることに罪悪感が無いわけではない。
    しかし、先輩をもてなしたい気持ちの方が勝ったのだ。

    山崎ナオコーラさんがお墓まいりをした文豪は26人。
    だから、一編の文はあまり長くない。
    夫と一緒だったり、母と一緒だったり、編集者と一緒だったりする。
    どこでどんなお花を買って、どんなお店で何を食べたか、ということが必ず書かれる。
    はじめは、「お墓めぐり」であり、とにかくたくさんお参りして、リスト作り・数自慢なのかと思ってしまったが、それは私が浅はかだった。

    食事・お花というのは、生きている自分の糧と、亡くなった方へ供える糧、という対比で書かれているのだろう。

    学生の頃から、「文学者が戦時下でどういう仕事をしたか」に興味があったという著者は、短い文章の中でも、深い考察を見せる。
    反戦を暗喩する作品を上げるか、または戦争には全く触れずに自分の文学の世界を描き続けるか。
    時代に流されるか。
    作家の独特の死生観にも触れて、自分も考える。

    ひとつ面白かったのは、幸田文と森茉莉の対比である。
    どちらも偉大な父を持つが、家事にまめな文と、ずぼらで掃除もできないお姫様な茉莉は対照的。
    娘に厳しいしつけをした露伴と、甘やかして溺愛した鷗外…その違いなのか否か…

    巻末に作品中で行ったお墓の場所を載せた路線図あり。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.06.10

  • よめ

    よめ

    そういう切り口できたかぁ、と。文豪のお墓をお散歩感覚で巡るナオコーラさんの感想が現代っ子だなぁ、と。ナオコーラさんの日常話があり、お墓参りした時に感じた事や文豪たちの作品を引用し、ナオコーラさん独特の感性で書かれた文豪たちの印象が面白かったです。ナオコーラさんのこの作品は古き良き時代の文豪たちの作品を読もうかな、と思わせてくれる一冊でした。続きを読む

    投稿日:2019.04.26

  • 魚雷屋の読書録

    魚雷屋の読書録

    このレビューはネタバレを含みます

    「文學界」に連載されていたものを単行本化。しかしこんな企画をよく考えたものだ。著者は、一人ではなく、つれあいさんか母親とお墓まいりをしている。やはり一人で行くものじゃないのだろうか。あと、著者による作家の肖像イラストがある。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.04.23

  • r1010039

    r1010039

    お墓参りから広がる、著名な作家たちの交流や食卓、生活について、山崎なおコーラの目線も交えてゆったりと読み進められる。
    当たり前だけど、みんな生きていたんだよなぁ。人間を知ると、作品を更に読みたくなる。未読の作家も含め、読みたいメモが一気に増えた!続きを読む

    投稿日:2019.04.03

  • おまいどん

    おまいどん

    とても読みやすい本です。数時間で読めました。
    お墓の描写よりも、お墓詣りすることによって沸き起こる作家への追憶回想がメインのエッセイです。そのため、この本を読んだ後、取り上げられた近現代の日本作家の本を無性に読みたくなると思います。
    まずは、深沢七郎から読もうかな。。
    続きを読む

    投稿日:2019.04.01

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。