発現

阿部智里 / NHK出版
(66件のレビュー)

総合評価:

平均 3.1
0
16
36
9
0
  • もっと読みたい

    ぐいぐい読ませるストーリーで引き込まれた所で、気かついたら終わっていた。長編向きの作家さんなのかな。もったいない気がした。

    投稿日:2019.03.11

ブクログレビュー

"powered by"

  • cocoa612

    cocoa612

    時代が違う二つの物語がどう絡み合っていくのか、ワクワクしながらあっという間に読みましたが…最後のラストがうーん…
    現実的にはこんなもんだと思うけど、物語なんだからもうちょっとすっきりした解決方法を提示してほしかったな。続きを読む

    投稿日:2022.08.01

  • 借買無 乱読

    借買無 乱読

    前半は戦争体験によるトラウマが子孫にまで影響する、という話に不気味さを感じてゾクゾクしたが、後半の謎解きやエンディングに消化不良感が残り、スッキリ読み終わることができなかった。

    投稿日:2022.03.31

  • 天雪千悧

    天雪千悧

    阿部智里さんが書くホラー!と期待して読みました。

    でも終わり方は個人的に「ん?」と首を傾げるような感じで、不満というわけではないですが、不思議な感じです。

    八咫烏シリーズとは違って読み返したいとは思いませんが、読んで損はなかったと感じます。続きを読む

    投稿日:2021.09.25

  • ビンゴ

    ビンゴ

    ホラーと謎解きが混ざったような感じ。
    一気に読んでしまった。

    過去と現在が交互に語られて、少しずつ全貌が分かって行くのが爽快感がある。
    でもベースが戦争の話があるので読んでいてツライところもあった。

    投稿日:2021.09.24

  • ちぃ

    ちぃ

    八咫烏シリーズの作者が描く、
    ジャンルとしてはホラーになるのか?

    目の前に見えるはずのないものが見える。
    途中までモヤモヤと怖くて、
    内容を知らずに読み始めたことを後悔。

    クライマックスが来た!
    と最終章に辿り着いた段階で、
    残りのページ数の少なさに
    あれっ?となった。
    なんだか急いだ感のあるラスト。。
    うーん…。

    ただ、自分が抱える恐怖の原因が
    自分自身にあるのではなく、
    先祖に遡って存在する、という部分は
    すごく興味深かった。
    ありえない話ではないかも、と思った。
    続きを読む

    投稿日:2021.09.17

  • えんじぇる

    えんじぇる

    阿部智里は
    オカルトと終戦間際の満州と現代とを結びつける荒技ができる実年齢とはかけ離れた作家だと思う。
    [烏]シリーズのファンより。

    投稿日:2021.09.01

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。