お家あげます

沖田正午 / 実業之日本社文庫
(5件のレビュー)

総合評価:

平均 2.3
0
0
2
1
1

ブクログレビュー

"powered by"

  • minerva-48

    minerva-48

    タイトルから予想していたストーリーとは、少し違ったが、時代小説を手掛けてきた著者ならではの痛快な会話のやり取り、人情、人間のもつ良く深い面も取り交ぜた内容。しかし、最後のどんでん返しは、ちょっと無理がある………。続きを読む

    投稿日:2021.02.20

  • Kazuko Ohta

    Kazuko Ohta

    「笑いと涙のエンタメ小説」とあるけれど、私は笑えないし泣けない。

    かなりウザくないですか、この夫婦。特に奥さんの強欲ぶりにイライラ。たいした出演作もないくせに一流女優気取り。赤の他人が家1軒タダで差し出してくれるなんてオイシイ話が転がっているわけもないから、最後は呆然として終わればいいのにと腹黒いことを考えながら読みました(笑)。

    還暦も過ぎた作家が、一回り以上年下の巨乳の女優を嫁にもらって、ついでに家をくれるというファンがいたらええなぁ、そんなふうに考えた妄想と捉えることにします。イライラしつつも先が読めなくて止まらないのは確か。
    続きを読む

    投稿日:2020.06.14

  • nami1121

    nami1121

    一流とは言えない時代小説作家と女優、中年過ぎた新婚夫婦が偶然転がりこんだ不動産譲渡を巡ってのお話。
    いくらお金に困っていないとはいえ不動産をあげる、そこが現実離れしてるとは思ったけど、、途中からなくもない話なのかなとも思え読了。結末も現実だったら…と思わなくもないけど納得いくものだった。続きを読む

    投稿日:2020.02.18

  • kimikokumiken

    kimikokumiken

    旨い話には、飛びつかない方が、良い。

    酒場で、一度だけの顔合わせで、喋った相手から、看護師の女性 松岡美紀から、父親の住んで居る富士山山麓の土地と住居である。
    作家の神田仁一朗と妻の亜矢子は、不審に思いながらも、その後の夫のガンの告知と手術で、どれ江ぐらいの費用が掛かるのか????不安であり、取らぬ狸の皮算用をして行く。

    人間追い詰められているので、本当の事が、理解出来ないくなっている。
    振り込め詐欺もこのようなやり方なのだろう。

    美紀の父も孫の行く末を案じたための事で亜あろう。

    これから、老人が増えて来て、空き家問題も深刻化していく事であろうが、この題名を読んで、やはり、ただという事はありえない事だと思いながら、本を閉じた。
    続きを読む

    投稿日:2020.01.06

  • hito-koto

    hito-koto

    沖田正午さん、時代小説を楽しく読んでます。今回、初めて現代小説を書かれたとのこと、期待して読みました。「お家あげます」、2019.2発行。沖田正午さん、この作品を読む限りでは、現代小説はやめて時代小説一本がいいと思います。全く面白くなく、最後まで読むのに辟易しました。失礼しました。続きを読む

    投稿日:2019.03.04

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。