戦争と世界

マヤコフスキー, 小笠原豊樹 / 土曜社
(4件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
0
2
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • Yu Kino

    Yu Kino

    読了
    海外のペーパーバック的な造本がいい
    「死人に恥なし」ってはじまりからかっこいい
    あんまりそういうつもりなかったけど、今と重ねるのは過激かね

    投稿日:2018.11.24

  • radio24km

    radio24km

    全体的に長いかなぁ・・・という印象と、戦争というとてつもない不条理って、マヤコフスキーの詩とはあまり相性がよくないのかも。惹きつけられる瞬間はあったけど、戦争を描写するほど、言葉が空を切る感じもしたかなぁ。続きを読む

    投稿日:2018.06.02

  • darsana-te2ha

    darsana-te2ha

    読了。シリーズの中で一番面白かった。第一次世界大戦の悲惨がテーマだけど、連射される比喩使いが凄く良いっ!
    解説は町田康氏。二十代に見た美術手帖掲載の写真がマヤコフスキーを知るきっかけって自分と同じやん、嬉しいっ!w続きを読む

    投稿日:2015.06.22

  • see_you_cowboy

    see_you_cowboy

    マヤコフスキー叢書4冊目にして、翻訳家・小笠原豊樹氏の生前最後に刊行された訳詩集。

    全部で5部に分かれた長篇詩で、内容はタイトルのとおり「戦争と世界」について。詩人マヤコフスキーの頭の中で繰り広げられる第一次世界大戦と、世界の和解。詩を書いた当時、この強気な若者はまだ22歳。才気溢れ熱滾る詩人は、自分自身の大きさを世界と同じ位に捉えていたようだ。太陽、地球、俺、ぐらいに。だから彼は、戦争の痛みを自分一人で背負っている。

    “ 大きな目で地球を見はるかす/男が一人。/男は成長し、/頭は山の高さに達した。/男の子は/新しい衣装を、/自分の自由という衣装を身にまとい/勿体ぶって、/プライドの高さは少々滑稽なくらい。 ”

    全篇に渡って素晴らしい比喩が踊り、暗く悲惨な戦争の場面は、まるでスペクタキュラーな舞台のようでもある。詩の断片を舞台の台詞を諳んじる様に口ずさんでみると、その言葉の力の強さに恍惚となる。この詩人に、この本に魅了されてしまうのは、まるでマヤコフスキーが最初から日本語で書いたのではないかと思ってしまうほどの翻訳をされた小笠原氏の力なのかもしれない。氏のご冥福を心よりお祈りするとともに、シリーズの続刊を熱望している。
    続きを読む

    投稿日:2014.12.07

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。