チャンドス卿の手紙/アンドレアス

ホーフマンスタール, 丘沢静也 / 光文社古典新訳文庫
(4件のレビュー)

総合評価:

平均 3.0
0
0
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • individual

    individual

     「チャンドス卿の手紙」の感想。「美と崇高」が主題の作品だと思います。作中で(手紙で)、チャンドス卿は、自分は“美”を感じ取れなくなった、けれど“崇高”は感じ取れている、ようなことを書いています。どうしたら「美と崇高」を感じ取れるようになったのか?については書かれていませんでした(おそらく)。
     
     僕は、今まで気に留めていなかったものが目につくようになるのが「美」の発見のはじまりだと思います。「美」を視ている人は、風景が今までと違って見え、自然が優しく見えると思います。おそらく川端康成の「末期の眼」は、以上の考えと類似していると思います。 

     建物やモノが、必要なところに配置されていて、必要なら「美」的なものを壊して、その上に必要な建物を立ててもよい、との考えが「崇高」だと思います。“生活”が「崇高」のキーワードでしょう。坂口安吾の作品(特に評論)が以上の考えと類似していると思います。 
    続きを読む

    投稿日:2020.05.15

  • saigehan

    saigehan

    世紀末ウィーンのアイドルの書いた短編4つと未完の中編。1700年位の話。面白くない訳じゃないけど、感想はない。

    丸ビルで2000円のランチ食べたみたいだ。非常にうやうやしく持てなされ、ゆっくりと楽しい時間を過ごした。しかし何を食べたのか全く記憶にない。確かにセットみたいなの頼んだ、半個室だった。しかし味共々、運ばれてきた皿に何が載っていたのかは記憶にない。でもやっぱりなかなかゆったり過ごす時間というのは、望んでも実現しない物なので、よい経験であった、みたいな。別の訳者で読んでみたい。続きを読む

    投稿日:2019.02.14

  • Verfassungslehre

    Verfassungslehre

    図書館で借りて、「チャンドス卿の手紙」だけ、Spiegelのサイトで見つけた原文と照らし合わせて読む。う~ん。岩波文庫と比較してみたい。

    投稿日:2018.12.16

  • toca

    toca

    古典新訳文庫から、ホフマンスタールの新訳が登場(しかし〝ホーフマンスタール〟表記だと何だか間延びして落ち着かないなぁ……)。
    どうもホフマンスタールのイメージが、いい意味でもアレな意味でも『永遠の少年』なのだが、新訳はその『少年』っぷりに磨きがかかっていた……という読後感だった。『少女幻想』と呼ばれるものもあるけども、『少年幻想』も間違いなくあるよなぁ……。続きを読む

    投稿日:2018.11.12

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。