陰翳礼讃

谷崎潤一郎, 大川裕弘 / パイ インターナショナル
(7件のレビュー)

総合評価:

平均 4.6
4
3
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • ikuodanaka

    ikuodanaka

    もはや暮らしの中から陰翳を見出すことが難しくなった現代。
    美しく陰翳を帯びた写真群が、現代と本文とのギャップを埋めてくれる。
    時折顔を出す谷崎潤一郎のフェティシズムが味わい深い。

    投稿日:2019.06.20

  • 石井信之

    石井信之

    以前、文としての作品は読んだ。
    今回は写真で。
    和の中の陰翳には、洋の中には見られない、
    奥深い美の世界が!
    自分なりの感覚で、
    そんな世界を撮っていきたい。

    投稿日:2019.06.08

  • syiki

    syiki

    気になっていながら読んだことのなかった「陰翳礼讃」。文章だけで読むよりも、こんなにも味わい深いたくさんの写真とともに読むことができて、僥倖・・・。
    お寺や陶芸作品、昔のしつらいを残す家屋の床の間やささやかな灯りなどの写真が、文章に寄り添い、またその意図を想像させる。

    私もあまり明るいのは苦手な方で、とくに都会の明かりなんかには辟易しているのだけど、いま懐古主義などといっても谷崎が生きた時代すでに「明るすぎる、陰の良さを忘れている」と書いているくらいだから、ちょっと昔を振り返ったくらいでは明るさからは逃れられないものらしい。
    しかし陰の良さ、または日本人が陰を好んできた理由については考えたこともなく、とても興味深かった。陰があるからこそ美しく感じられるものがあり、また日の光や電灯の明かりも生きる。さらには黄色人種の肌色についても陰という視点で考察している。
    全体的に、いわれてみればたしかに、さまざまな点で陰影のあるものを好んできたのが日本文化なのかもなぁと思う。
    「漆器の椀のいいことは、まずその蓋を取って、口に持って行くまでの間、暗い奥深い底の方に、容器の色と殆ど違わない液体が音もなく澱んでいるのを眺めた瞬間の気持である。」
    続きを読む

    投稿日:2019.04.02

  • nknakaha4

    nknakaha4

    日本人の美意識は影を貴ぶところある。

    それを一冊の本にまとめ上げている。

    日本人が近代化の過程で失ったものを悲しむ懐古主義的な側面が強い気もするけれど、日本人とはということを問わずにはいられなくなる。続きを読む

    投稿日:2019.01.07

  • 鈴雨

    鈴雨

    なんとなく日本人が感じ取っていた影や闇に対する思いを言語かした一冊。それを説明するために、様々な分野へと飛ぶが写真が基本毎ページごと掲載されイメージがつきやすい。
    なにより言いたいことが分かる、なんとなく概念として分かっている状態だからこそ、なるほどな。肯きながら読み進めた。
    ただサイズが本棚から飛び出してしまうのが困る。新書なり文庫なり写真集サイズなり、収納しやすいようにして欲しかった。
    続きを読む

    投稿日:2018.09.14

  • コナン.O.

    コナン.O.

    文豪・谷崎潤一郎が、1933~34年に雑誌「経済往来」に発表し、1939年に書籍化された、代表的評論作品『陰翳礼讃』に、美しい写真を添えたビジュアルブック。
    『陰翳礼讃』は、まだ電灯が無かった時代に、薄暗さの中に美しさを求めた日本の美の感覚、生活と自然が一体化した中に真の風雅を求めた日本人の感性について論じており、日本の美意識・美学の真髄を捉えた作品として、今日まで読み継がれているものである。外国語にも翻訳され、外国人の日本観にも深い影響を与えたとも言われている。
    写真は、「婦人画報」、「美しいキモノ」等の雑誌で活躍し、今や「空気を撮る名匠」、「気配を捉まえる達人」などとも評される写真家・大川裕弘氏(1944年~)が、40年以上に亘って撮影してきた写真の中から、百点を超す作品が厳選されている。撮影地は、日本美を象徴する、京都市の「俵屋旅館」、石川県輪島市の「塗師の家」などである。
    私は、『陰翳礼讃』は既に読んでいたが、書店でたまたま本書を目にし、あまりの美しさに即座に購入してしまったのだが、「はじめに」で俳人・谷村鯛夢氏が書いているように、本書における「谷崎美学」と「大川美学」のハーモニーは絶妙で、谷崎が『陰翳礼讃』で表現しようとしていた日本の美について、視覚的に認識を深めることができた。
    日本の美意識・美学を視覚的に再認識できる、素晴らしい作品である。
    (2018年5月3日了)
    続きを読む

    投稿日:2018.05.03

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。