一切なりゆき 樹木希林のことば

樹木希林 / 文春新書
(23件のレビュー)

総合評価:

平均 4.1
5
10
2
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • あまり樹木希林さんの出演作品を意識して見たことがなかったけれど、万引き家族と日日是好日を続けて観たことをきっかけに、すごい女優さんだな!と今更…

    夫の内田さんとの関係性も、不思議。一般的に言う円満な家庭というものではなかったのかもしれないが、所謂夫婦、という用意された型には嵌まれないのがこのお二人だったのか。

    家族というものは難しい。自分自身のこともままならないのに他の人のことなんて…と思う自分も肯定してもらえるような本。
    続きを読む

    投稿日:2019.02.19

  • 20190217 亡くなって始めて判る事は、言葉通りに生きたかどうか。否定のしようがない状況で皆がうなづける生き方。言葉と人生、結局同じ事。自分も自分の言葉にどこまで責任を持つか、考えていないといけない年齢。大切なことは何かからだが考えていこう。続きを読む

    投稿日:2019.02.18

  • 樹木希林さんの言葉が集められた本。

    晩年に発せられたものが特に心にすっと沁み込みました。

    「人生を面白がる」は、ずっと心に留めておきたい。

    投稿日:2019.02.15

  • お亡くなりになられて、気になって『あん』を
    見ました。とても著者がよくて感動しました。
    さらに、書店で多く積まれているのをみて
    読みました。
    面白く読めました。

    投稿日:2019.02.14

  • 力を抜いて生きるのはなかなかできないけど、樹木希林さんは自然体に生きていて、それがまったくぶれていない樹木希林は本当に素敵です。

    投稿日:2019.02.14

  • このレビューはネタバレを含みます

    これはいいね。読みやすい。どこから読んでもどこで止めてもいい。
    樹木希林ファンなら当然だろうけど、樹木希林という女優のことを知らなくてもストンストンと身体の底に落ちてくる言葉たち。ニヤリとしたり癒されたり元気づけられたり。
    誰かにプレゼントするのにうってつけの一冊。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.02.13

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。