熱帯

森見登美彦 / 文春e-Books
(228件のレビュー)

総合評価:

平均 3.6
35
81
65
22
0
  • だいぶ広い世界

    いつもの京都,4畳半に比べるとだいぶ広い世界が拡がっています。
    ただ,鍵となるポイントはやはり京都。
    「熱帯」という実態の分からない不思議な小説を巡って話しが展開していきます。

    これまでも繰り返し出てきた日常生活の陽と陰,パラレル性,さらに進んで人は自分の人生を本当に生きているのか,という問も関わってきます。

    かなり長編で,途中少しダレる場面もありますが,(この作家さんの作品に慣れていれば)なかなか面白く,いっきに読みました。
    続きを読む

    投稿日:2019.01.06

  • 森見ワールド全開

    あれ、皆さん以外の★4とかですね
    私はずっぽり森見ワールドにはまりました
    楽しく読ませていただきました
    今自分は誰なの?
    誰から見た誰の話?と、まーめまぐるしい
    画廊は安定ですね

    投稿日:2019.02.11

ブクログレビュー

"powered by"

  • halice

    halice

    『熱帯』という不思議な本をめぐる話。千一夜物語がモチーフになっていて、物語の中でまた別の物語が語られていく。
    読み進めるうちに、私も『熱帯』の秘密が知りたくなって、だんだんと読書ペースが上がっていった
    本の中には別の世界が広がっていて、読者はその世界を、ときには覗き見たり、ときには旅したりして、楽しめる。本っていいな。
    続きを読む

    投稿日:2019.10.15

  • sissy50

    sissy50

    知人の勧めで読みました。
    とても不思議な物語。
    語り手と物語の舞台がどんどんと入れ替わり、何とも奇妙な感覚に…
    個人的には中盤以降の「熱帯」の島で起きた出来事の話が面白かったかな。
    最後どうやって数ある伏線を回収するのかと思っていましたが、あぁなるほどね〜っていう結末。続きを読む

    投稿日:2019.10.13

  • levi

    levi

    前半の謎めいた面白さが4章あたりから中だるみしてる感じがあって途中辛かったけど、終盤にかけての伏線回収が気持ちよかった。 結果的にいい本でした。
    森見さんの情景描写の仕方がとても好きです。
    あと、個人的にお話に出てくる白石さんの話し方も好き。 続きを読む

    投稿日:2019.10.09

  • yukke

    yukke

    あれ?うっそ‥こんなに本読んでないの?いやいやまさか‥
    まさか!?(-∀-`; )
    いや‥なんか読んだ読んだ‥読んでるはず‥
    なんだっけ‥

    千一夜物語読みたくなりました
    入れ子的なお話だった

    投稿日:2019.10.08

  • rock12

    rock12

    読みやすかったです。「夜行」みたいな感じなのかと思ったが、違った。「熱帯」という小説があって、その謎を解いていく話です。
    登場人物たちと一緒に「熱帯」にどんどん惹きつけられる
    ところが面白かった。語る人がどんどん変わり、頭ぐるぐるしてしまう感じもよかった。続きを読む

    投稿日:2019.10.01

  • ぐぐぅ

    ぐぐぅ

    千夜一夜物語をモチーフにした物語。物語の中で語られる物語の中でさらに物語が語られ、そしてまた物語が、…という多重の入れ子構造が最後にはなんと、こんなところに戻ってくるとは。文学ならではの不思議な構造と余韻を楽しむ小説ですが、ぐいぐい引き込まれて一気に読み上げればそれなりに楽しめると思う。なんじゃこりゃ、と言う感想も大いにあり得るかと思うけど。続きを読む

    投稿日:2019.09.29

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。