制服ぬすまれた

衿沢世衣子 / 月刊flowers
(6件のレビュー)

総合評価:

平均 3.8
2
1
1
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • Tut-an

    Tut-an

    抜け感のある絵とやや暗めのテーマ。ほどよいバランスと思うけど、他の作品のイメージに引きずられる人には合わないかもしれない。

    投稿日:2018.12.08

  • chokusuna

    chokusuna

    ある日、コスプレみたいな格好の女子高生をベンチでみつけ、声をかけると「制服を盗まれた」と。内部の犯行を疑ったけど、実は外部の…と。そして過去のわだかまりもとけそうで。/近所の蕎麦屋の店員が実は...と。対になる話も併録の「ワニ蕎麦」/街の便利屋さんが呼ばれて行ってみたらヤクザの事務所で、案の定、面倒ごとに巻き込まれるが...。鮮やかな反撃と、ブラックな結末/家賃をソシャゲの課金につぎ込んでバイトに来た天真爛漫すぎるさとるが、ハンドスピナーを回して小さな事件を解決。本人に、美人なヤンキーは存在したんだ!と叫んでしまう無邪気さと無鉄砲さ。先輩の造形がいい。/といった短編集。展開が読めなくてハラハラなところも、サスペンスなところも好み。続きを読む

    投稿日:2018.11.18

  • 魚雷屋の読書録

    魚雷屋の読書録

    このレビューはネタバレを含みます

    新聞の書評をみて読んでみた。この絵柄は、好きな方ではない。ストーリーは日常に潜む「ブラック」を描いているのだろう。わりと面白く読むことができた。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.11.10

  • 電子王

    電子王

    作風に衿沢さんらしさが無く、更に全て怖い話、人間の怖さ。
    しかも感覚に訴えるようなものではなくて、ストレートに怖い。
    作風を知っていると、衿沢さんってこういうものも描くんだ・・・と
    とても困惑してしまう作品集です。

    作風に幅があるのはいいことだけど、個人的には衿沢さんは
    日常を切り取った青春グラフティのような作品を描き続けてほしいな。
    もしこの作品が衿沢作品との出会いだったとしたら、絶対好きになってないもの。
    続きを読む

    投稿日:2018.11.08

  • あさみちゃん

    あさみちゃん

    絵が好みではないけれど、ストーリーは意外性があって面白かったです。本名わからない彼女、すごいキャラクターです。ハンドスピナーのくだりも、面白かった。

    投稿日:2018.10.25

  • おーい粗茶

    おーい粗茶

    意外な推理物(犯罪物)短編集で、こんなのも描けるんだぁ、と感心。でも考えてみれば、作者の着想の独創性と構成力からすれば向いているジャンルかも。あとキャラクター作りが上手い。「ワニ蕎麦」の蕎麦屋で働いている主人公の造型には参った。続きを読む

    投稿日:2018.10.21

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。