スレイヤーズ16 アテッサの邂逅

神坂一, あらいずみるい / 富士見ファンタジア文庫
(18件のレビュー)

総合評価:

平均 4.4
10
4
1
1
0
  • 懐かしいなあ

    子供のころを思い出すなあ。
    後、一応、思うのはこの作品は一応反戦的ではあるなあと感心しました。
    今の時代に偉いです。
    魔法はよいです。魔法はよいです。魔法はよいです。
    続巻はでるのでしょうか?
    そこは大人の事情次第ですね。
    星5つ。
    続きを読む

    投稿日:2019.05.07

  • 本編の後日談、アニメ同窓会のような感じ

    でかい戦いを終えてリナの故郷への帰途についてくるガウリイ。
    その途中で立ち寄った町でおかしな事件の調査をすることに。
    短編に出てきそうなちょっとおかしな協力者と一緒に調査を進めていたらどこかのお姫様一行と合流して…みたいな話w
    アニメでパーティーを組んでいたおなじみのメンバーが前にでてきたことのある強敵の発展型と戦闘するので昔からのメンバーが好きな人は満足がいく内容ではないでしょうか。
    なんかの企画での特別仕様らしく、一話限定で続きがあるわけではないようです。
    続きがあれば読みたい反面あれ以上の敵とエピソードがあるのかと思ってしまいますねw
    続きを読む

    投稿日:2019.12.01

ブクログレビュー

"powered by"

  • palebluedot

    palebluedot

    ──我と汝が力もて 等しく滅びを与えんことを!

    遥か彼方の児童期に、初めて文庫に触れたのがスレイヤーズだった。従姉が読んでいたのだった。
    本編完結までは追いかけていたけど、短編の方はどこまで読んだかもはっきりしない。
    正しく中高生向けの元祖ライトノベルなので正しく卒業したとも言える。

    なんと本編の続編が出る、という話題は目にしていたけど特に食指も伸びないままだったのが、さらに第2部(3部?)として正式にスタートするというのでちょっと読んでみた。
    キャプテン翼の続編とかドカベンプロ野球編とか、おじさん向けの無理やりな続編とどう違うのかというと大して変わらないかもしれないけれど、楽しめたので良かった。

    学生時代の友人みたいなもので、会えばその当時に戻ってしまうのでしょう。

    「ザナッファー」、懐かしいわ~。

     ダグ・ハウト    
    「地撃衝雷」、
    ヴ=ヴライマ
    「霊呪法」、
    ラグナ・ブレード
    「神滅斬」、
        ドラグ・スレイブ
    そして 「竜破斬」。

    な、懐かしすぎる・・・。林原めぐみの声が聞こえる・・・。
    続きを読む

    投稿日:2019.12.01

  • 飛馬

    飛馬

    途中まで読んでいて放置していたのを、先日読了いたしました。
    スレイヤーズは15巻までは読んでいなかったのでどうだろう……分かるかな……とちょっと心配していたのですが問題なかったです!
    それにしてもアニメの影響はすごい。リナのセリフは林原さんの声で聞こえるし、ガウリイもゼルもアメリアもちゃんと脳内再生されるんですよね。すごい。
    登場人物が多くて、ちょっとわちゃわちゃする感はあるんですが、まあそれがスレイヤーズのいいところなのかも。

    何年経ってもリナとガウリイの、兄妹のような親友以上恋人未満のような、背中預け合ってるな~って感じの関係は大好きだなと思いました。
    1巻どこに仕舞ったかなあ~。
    続きを読む

    投稿日:2019.09.01

  • kei2007jp

    kei2007jp

    このレビューはネタバレを含みます

    豪華キャストでよかった。ゼロスまで出てくるなんて。ストーリーはちょっと昔みたいにのめり込むことができなかった。でも面白いよ!

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.04.21

  • hana009

    hana009

    とても好きなシリーズだったので、また新刊を読めて嬉しかった。
    魔法的に小規模だったのは物足りなく感じたけど、主要キャラクター勢揃いでにぎやかでよかった。30周年記念のお祝い本。

    投稿日:2019.04.13

  • clamamus

    clamamus

     平成最後の秋に復活を遂げたライトノベル界の金字塔的作品の最新刊である。
     本編完結からずいぶん経っての新刊であるが、やはりなんと言っても天下のスレイヤーズ。反響が凄まじいことになっていたのは、さもありなんであろう。

     内容的には同窓会的ニュアンスが強いというか、第一部主要メンバー勢揃いのオールスターな展開となっている。
     15巻直後の、帰郷中のリナ(とガウリイ)がアテッサの街で謎の野盗と対峙していく物語であるが、物語のテンポや掛け合いの軽妙さなどはさすがの一言。
     何より、我々ファンにとってはもはや主要な登場人物が公式に会話し、行動を共にしているというだけで「尊い……!」の一言で、ちょっと冷静に評価ができないところはある。

     というわけで、どうしたって星五つ以外の評価などできやしない一冊である。
     物語のテーマとしてみても、やっぱりスレイヤーズらしいなあと思うのが、どうしたって対立は免れえない難しい状況を設定している点である。
     そうしたテーマに簡潔な答えを提示しているのがリナの凄さであり、神坂先生の凄みだと個人的には思う。
     教育的要素を含んだ、本当に正統派のライトノベルだなと思うところだ。この辺は、ファンとしての思い入れをおいても評価したい部分である。
    続きを読む

    投稿日:2019.03.17

  • kuma-bouzu

    kuma-bouzu

    【チートな主人公の哲学】
    中高生時代、まったく本を読まなかった自分が唯一読んでいた小説(ファンタジー小説ではあるが)。

    スレイヤーズ

    その長編が18年ぶりに発売。
    『スレイヤーズ16 アテッサの邂逅』

    美少女天才魔導士の主人公リナ・インバースの活躍を描くファンタジー小説。

    主人公は今でいうところのチート。
    「最初から超強力な魔法が使える」「頭がキレる」「伝説の武器を持った強い仲間が一緒」などなど。
    18年前はなかった言葉だが、自分の中ではリナ・インバースに一番しっくりくる言葉だと感じている。

    一日が一年間になる部屋で修行するとか、不思議な力が働いて覚醒するとかもない。

    久しぶりに読んでみて、懐かしさ込み上げてくる一方で、自分なりの魅力を再確認できた。
    その魅力とは、2つ。

    ひとつめは頭脳戦。
    剣と魔法でドンパチではなく、ブラフをかけて相手の出方をうかがい、自分にあるものを組み合わせて戦う。
    そこにワクワクを感じる。

    ふたつめは主人公リナ・インバースの発言や生き様から見える哲学的なところ。
    作中のリナの言葉

    「どうやってもわかりあえないことや、説明しきれないことってあると思うの」
    「けど、完全にわかりあうことが不可能でも、わかろうとすることはできるし、わからないけどそういうものだと認識する、ってことはできるはずよ」
    今回はこの言葉にグッときた。


    次の新刊がでることを切に願う。
    続きを読む

    投稿日:2019.02.19

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。