トランプがローリングストーンズでやってきた USA語録4

町山智浩 / 文春文庫
(3件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
0
1
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 深川夏眠

    深川夏眠

    アメリカ在住の映画評論家・コラムニスト町山智浩氏の
    『週刊文春』連載「言霊USA」書籍化第4弾の文庫版。
    ……と言っても、本として纏まった形で読むのは初めて。
    内容は2015年3月~2016年3月の約1年分。
    表題はドナルド・トランプが演説の際に
    ローリングストーンズの曲を使用したことに由来するが、
    トランプに直接言及したコラムは少ない。
    しかし、トランプが
    第45代アメリカ合衆国大統領の座に就いた現在の様相に繋がる
    直近のアメリカの情景が切り取られ、
    軽妙な語り口で描写されている。
    差別や銃や薬物の問題も深刻だが、
    一般読者として「へぇ」と思ったのは、
    ジョージ・ルーカスの手を離れた
    新『スターウォーズ』(未見)の話題。
    銀河の覇権を狙う新しい悪役が、
    現代の自己完結型鬱屈青年だって……トホホ(笑)。
    でも、言われてみれば、そういうタイプが、
    たまたま武器や権力を握ったら
    カチーンとスイッチが入って暴走しちゃうのかもね、
    と納得。
    続きを読む

    投稿日:2018.11.16

  • anakenn50

    anakenn50

    このレビューはネタバレを含みます

    文春文庫の新刊で、棚に並んでいるのを見つけて、購入した。
    同著者の本は、あと筑摩文庫に幾つかあるが、文春文庫のものは、全部読んでいたので、すぐに買ったのだ。
    町山智浩は、僕と同世代。だからといって全てが、共感するとは言えないが、やはり同じような年月を生きて来たので、頷ける部分が多い。それに、映画も単純に好きなので、映画案内にもなっていて、面白い。
    次も楽しみである。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.10.18

  • 文藝春秋公式

    文藝春秋公式

    【アメリカがますますマッドになっていった、あの頃】あのトランプが、大統領候補に急浮上? カニエも出馬宣言? マッドなアメリカは一日にして成らず。週刊文春人気連載、第四弾!

    投稿日:2018.09.28

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。