東京S黄尾探偵団 時計台の首縊りの鐘

響野夏菜, 藤馬かおり / 集英社コバルト文庫
(3件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
1
1
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • cotton

    cotton

    これは友達に勧められて中学の図書室で借りた本。
    中1〜中2の時かな?
    かなりはまった。
    読みやすいテンポだし、先が気になるんだよね。
    でも最終巻は読んでない気がします。

    投稿日:2007.11.26

  • 稀璃。

    稀璃。

    「使えるものはハナクソでも使え」がモットーの探偵団。主人公がある不運な事故から足の骨を折り、入院してしまう。そこの入院先で、とある事件の捜査をすることになるのだが――。基本的にギャグ調ですね。(2002)続きを読む

    投稿日:2006.05.28

  • NEM.

    NEM.

    ロクガツ、入院。
    六月が入院した病院には、あるホラーな噂があって…?という話。笑いとストーリーのバランスが結構いいなぁと思いました。S黄尾らしい。
    砧家弟が出てきたり、五月がマジに取り憑かれちゃったり。そんな感じ。
    1冊1冊読むのを止めたせいか妙に文がでてきませんのことですよ。
    続きを読む

    投稿日:2005.08.21

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。