わけあって絶滅しました。―――世界一おもしろい絶滅したいきもの図鑑

今泉忠明, 丸山貴史, サトウマサノリ, ウエタケヨーコ / ダイヤモンド社
(37件のレビュー)

総合評価:

平均 3.6
4
12
8
3
0
  • 絶滅した生き物図鑑

    絵本風のイラストで載ってるよ。見開き1ページで1種類の生物を紹介してるよ。絶滅した理由は人類が関わってる物以外は憶測になるみたい。最後の方は「絶滅しそうで絶滅してない生物」、生きた化石と呼ばれる生物も紹介してるよ。直ぐに読み終えた。続きを読む

    投稿日:2019.06.11

ブクログレビュー

"powered by"

  • Gissy

    Gissy

    職場から借りてきた一冊です。ずっと気になっていたのですが、一部の環境に適応し過ぎてた生き物たちの絶滅とあらゆる環境に適応し過ぎの人類の今後が重なってやしないか?と少し不安になりました。

    投稿日:2019.05.28

  • dai-4

    dai-4

    子供向け作品だけど、大人でも十分に楽しめる仕上がり。シリーズで色々出ていて、他の作品たちも気になるところ。色んな生き物たちの悲哀を、笑っちゃいかんのだけど、面白おかしく読ませてもらいました。

    投稿日:2019.05.28

  • raulreader

    raulreader

    片手に抱えて、科学博物館に生きたくなるような本ですね。
    子供向けですが、大人も知らん知識ばっかりです。
    種と個体は違うので、その辺は単純化してますね。
    僕が小さい頃持ってた”絶滅した動物”=恐竜みたいな思い込みはなくせるし、本書きっかけに好奇心高まると思います。続きを読む

    投稿日:2019.05.23

  • るこ

    るこ

    図鑑。古生物学。
    内容は薄め。子供向けの一冊だと感じます。
    イラストも文章もコミカルで読みやすいのは好印象。
    本の最後に書かれている通り、あくまでも、絶滅の理由は予想であり、絶対に確実とは限らないのは注意が必要そう。続きを読む

    投稿日:2019.05.16

  • たなたな

    たなたな

    読みやすく、笑えてユニーク、コミカルな文章とともに、わけあって絶滅した動物たち、絶滅の危機に瀕しながらも生きながらえた動物たちが紹介される。

    人間の影響で滅んでしまった動物の多さとともに、こんなことで滅んでしまうのか、とも、生物のはかなさ、脆さをも感じた。

    人間も動物のひとつで、特別な存在ではない。人間も、隕石がぶつかったり地球規模での火山噴火だとか、ひょいとしたきっかけで滅んでしまうこともありうるなあと感じた。人間には、発達した脳がある。人間が、人間を絶滅させてしまう原因を作らないヒントがこの本にはあるかもしれない・・・というと、大げさか。
    続きを読む

    投稿日:2019.05.14

  • なー

    なー

    このレビューはネタバレを含みます

    オールカラーでキレイです。
    ずっと「〜して絶滅」なのに、最終章だけ「〜して助かった」なのが救い(笑)。でも、「4年に1回しか産卵しない」とか「週一しか食事しない」とか、あんまり前向きじゃあないのが生き残りのコツ…みたいに見えるのはちょっと複雑、と思ってたら、オポッサムとかもいて、安心した。

    素朴な疑問なんですけど、ディッキンソニアみたいな「ただのプニプニ」な生物って、どうやったらその実態が判るんだろう…学者ってスゴい。スゴいと言えば、最後の「クニマス」の話も感動。まあ、「さかなクンさん」のさん付けは不要だと思うけど。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.04.16

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。