ブラックボランティア

本間龍 / 角川新書
(12件のレビュー)

総合評価:

平均 3.6
1
4
5
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 詩暢

    詩暢

    ボランティアって無償の事だと思っていた自分に愕然。
    娘がオリンピックのボランティアをやりたいって話していたけどこの本を読んでやらせなくて正解だったと気がついた。

    投稿日:2021.10.02

  • 徳島文理大学 徳島キャンパス附属図書館

    徳島文理大学 徳島キャンパス附属図書館

    【貸出状況・配架場所はこちらから確認できます】 
    https://lib-opac.bunri-u.ac.jp/opac/volume/712611

    投稿日:2021.07.21

  • おっちゃんモノノフ

    おっちゃんモノノフ

    これもタイトル惚れ。薄々感じてはいたが、2020年東京オリンピックにおける、膨大な人数のボランティア動員に対して疑問を投げ掛ける書。

    1984年のロス五輪以来、オリンピックは商業主義に走り、本来の目的を見失っている。関与する団体の利益追求が第一になっており、アスリートや予算などは二の次三の次。

    二年半前の出版なので、コロナや延期の件は網羅されていないが、逆に普通に開催されてたとしたら、、、と思うと空恐ろしささえ感じるほど、東京オリンピックの裏側を暴露している。
    続きを読む

    投稿日:2021.02.22

  • Shinya Otake

    Shinya Otake

    なぜだろう、

    漂う、負け犬の遠吠え感。

    恐らく主張が一方的で、「なぜ」そうなっているか、
    仮説や検証に踏み込んでいないから。

    投稿日:2020.04.28

  • kun92

    kun92

    東京2020の問題点をぶちまけた本。

    いや、この通りなんだろうと思うよ。五輪貴族はクソほど設けて、学徒動員を含む無償労働者を搾取する。
    熱中症で何人倒れて死人が出ようが、知ったことではない。

    形振り構わず、ただ誘致することだけが目的だったんだよね。開催計画も杜撰で、IOCだってそんな計画通りに行く筈ないと知ってて選定したんじゃないの。
    裏で色々金が動いてたともいうし。

    マスコミと電通は、一旦全部解体したほうがいいんじゃないのかね。

    NHKと。
    続きを読む

    投稿日:2019.10.12

  • gym64741

    gym64741

    博報堂に勤めた経歴の持ち主の筆者が、2020年の東京五輪を題材に、組織委員会が行おうとしている大会期間中11万人の無償ボランティア動員という、第二次世界大戦中の旧日本軍の無謀な作戦に似た構図を鋭くえぐる。続きを読む

    投稿日:2019.02.01

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。