新約 とある魔術の禁書目録(20)

鎌池和馬, はいむらきよたか / 電撃文庫
(4件のレビュー)

総合評価:

平均 3.7
1
0
2
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • おにけん

    おにけん

    2019年15冊目。話の舞台はロンドン。上条、一方通行、浜面の3主人公そろい踏みで話は進んでいく。今回のラスボスが〇〇〇〇というのは意外。ラスボスとの決着がついた後にまた驚きの展開がある。先の見えなかった結末へと近づいていている印象かな。本当に決着がつくのはいつになるか疑わしいけれど。また、今回表紙に久し振りにインデックスさんがいますが、出番はあまり少ないです。この続きは手に入れていないけれど、機会を見て読んでいきたいと思う。続きを読む

    投稿日:2019.02.09

  • ちゃげ

    ちゃげ

    どうもラスボスの筈だったアレイスターのイメージが変り過ぎて・・イギリス編になり懐かしのメンバーが多数出てくるけど、キャラ的に弱くなる。展開はゴタゴタグダグダで中身のない言葉遊びの連続に思えるが・・新旧のメンバーが入り乱れすぎみたいな・・読んでいて疲れる。その中でほっとするのが行間4。やはり単純暴走の美琴ちゃんが雰囲気変えるだろうなぁ~
    それにしても、このシリーズは続き過ぎる・・学園都市も消滅だから、今度こそ完結が近いと期待(笑)
    続きを読む

    投稿日:2018.09.28

  • 14oclock

    14oclock

    このレビューはネタバレを含みます

    悪魔にねじ曲げられた善性の暴走を軸に、上条と理事長がメインの回だったかな?

    無印のときも最後の方で一方さんが天使と接触してたけど今度は悪魔と……そのうち踏み外すフラグっぽい。

    設定的に答え合わせが来たと個人的に思ったのは魔術と科学がグラデの地続きって明言されたとこ。最終的に反転現象が起こるんじゃないかなぁ。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.09.25

  • p-chan

    p-chan

    まさかの、アレイスター=クロウリーとオルソラのダブルヒロインの巻で、久しぶりに上条さわの存在が薄かった。

    コロンゾンの精神攻撃的な物もあるのだろうけど、オルソラが可哀想だった。
    ラストのラストにまたとんでもない登場人物出てくるし、ドンドン拗らせるなぁ、けど面白い。続きを読む

    投稿日:2018.06.12

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。