火刑列島

森晶麿 / 光文社
(10件のレビュー)

総合評価:

平均 3.2
0
1
5
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • ちこ(´・ω・)

    ちこ(´・ω・)

    「ロウソク邸とむらさきの火」
    スランプに陥った画家。
    絵を描く根源となるものが愛だと思っていたのであれば、それが自分以外の女により解消されたと聞いたら普通嫉妬にかられるだろうな。
    壁一面に書かれた炙り出しの絵はいつの間に描いたのか謎だが、その絵は今回の様なことが起きない限り日の目を見ることは無かったろうな。

    「ヨハネ黒騎士修道院の見えざる火」
    一人の死から始まった。
    人を惑わす力があるというがそれだけ魅力的なだけであり彼女自身は何もしていなければ、ただそこに存在していただけであったのに気の毒だな。
    結局原因不明の火による死を迎えた彼だが、何人もの死に関わったというのにこれだけ平然と過ごして居られるのもある意味凄い事だな。

    「わるい狸と走る火」
    都合が悪い時に使われる言葉。
    あれだけの事がありながら被害にあった者の口を封じるのは、田舎ならではの権力を持つ者がいるからであるのだろうが母親だけでも味方になるべきだったろうに。
    いくら火を付けても本体は燃えないからといえど、あの方法で何度も放火の手伝いをさせられた者からしたら苦しい時間だったろうな。

    「モリヤ・モルト蒸留所の誘う水の火」
    自ら火に導かれるように。
    彼の予言は少なくとも間違いではなく今回も当たってしまったが、一体何が原因で発火し次々と人の命を奪っていったのだろうか。
    彼女を作り上げた人間はどんな意図で人を狂わせ火に誘い込むのか疑問だが、相当な技術を持つ者でありモデルにした者を外見だけでも良く知る者なのだろうな。

    「巨神、東京に火雨を降らす」
    来店して直ぐに店を出る客達。
    一度ブースに通されたが最後と言っていい程、何人もの男の人が数分間彼女と会話しただけで色んな物を狂わされた出来事だったな。
    彼女を守るために全てを始めたのに自らが恋に落ち変わりゆく中でも、彼女は必ず守り抜くと決めていたのだろうが彼女自身が恋をした時はどうするつもりだったのだろう。
    続きを読む

    投稿日:2019.06.26

  • dora

    dora

    2019.1.14 読了


    火にまつわる事件の予現者、露木。
    現象学者の美人な 緒ノ帆。
    元カメラマンで 消防士のホムラ。

    3人の珍道中。
    露木の予現で 火災事故をとめる旅。

    短編なんですが、徐々に 皆の過去も
    繋がってくる。

    時々 何を言ってるかわからんとこは
    相変わらず。。。



    続きを読む

    投稿日:2019.01.14

  • 雄志

    雄志

    このレビューはネタバレを含みます

     火にまつわる事象を未来視する<予現者>・露木と、現象学者・帆ノ緒と、元カメラマン・ホムラの3人という組み合わせが既にSFなのだけれど、ばらばらになっていた事象が全てぴたりと合わさって行くのが運命的であり、必然的にも見えてくる。中盤で、もしかして、露木が全部仕組んでる?って思ってたけど、メグミをめぐる結末は複雑に見えて、ただ妹を守りたい姉の愛情の<炎>なんだなあと。ただその<炎>は大きくなり過ぎたみたいだけれど。
     特に最終章の東京の深夜の大騒動は非現実的ではあったけれど、これだけVRが発達しているとそういうことも有り得るのかもしれないし、SFと笑えなくなる。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.12.15

  • ともりぶ

    ともりぶ

    現象学という独特のジャンルの学者が登場。はじめは悪女が男を唆して悪さをしてるのかと思いきやAIとかVRも出てきてなかなか追い付くのが大変。

    投稿日:2018.11.24

  • ako.

    ako.

    いろんなピースが少しずつはまって過去とリンクし始めるお話。なるほどなぁフムフムと読んだ感じ。
    なんとなく恋路ケ島っぽい雰囲気を感じました。

    投稿日:2018.09.15

  • あまぐも

    あまぐも

    +++
    現象学者の凪田緒ノ帆は、半年前に自宅の火災で恋人を失った。まる焦げで発見されたその死体が持っていたスマホのロック画面には、下着姿の謎の女性の画像が残されていた。突然、緒ノ帆の前に現れた美青年・露木は“予現者”を自称し、「僕が予現したあなたの恋人以外の直近三件の火災事故では、いずれも被害者の男性のスマホにこの女性の画像がありました」といい、事件と女性の関係を一緒に調べようと誘う。さらに、謎の女性の画像を手がかりに、メグミという名前と、彼女を探す消防士・海老野ホムラが見つかる。三人は、露木の“予現”する火災とメグミの手がかりを追う旅をはじめた―。
    +++

    緒ノ帆、露木、ホムラという縁のなさそうな三人が、露木の予現に従ってあちこちに出向くのだが、その道中はまるで深刻さはなく、コメディのようでもある。露木もホムラも、その正体は何ともよくわからず、信じていいのやら決めかねながら読み進むが、露木の予現があながち当てずっぽうでもないことが次第にわかり、かなり危険な事態が続出する。それでも最後まで、裏に何かあるような気配はなくならないのだが、それが最後の最後に明らかにされると、腑に落ちる部分もあるが、驚きを隠せない。あの一件からすべてが始まっていたということである。恨み、憎しみ、執念、そして愛情。あまりにも強すぎるさまざまな感情が渦巻く一冊である。
    続きを読む

    投稿日:2018.09.14

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。