鉄道リドル ~いすみ鉄道で妖精の森に迷い込む~

佐藤青南, ワカマツカオリ / 小学館文庫キャラブン!
(7件のレビュー)

総合評価:

平均 3.0
0
1
5
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • Bookrium

    Bookrium

    微妙な緩さでそれなりに面白いコージーミステリーだった。
    それぞれの登場人物の個性も面白かったけれど、性格はともかくモデルやバイオリニストといった大袈裟な肩書きの必要性が微妙。

    投稿日:2021.08.08

  • ゆふぃ

    ゆふぃ

    うーん、結構、好き。なんだけど、もうちょい掘り下げがほしい。インチキ霊能者のおっさんが意外にいい味出してた

    投稿日:2021.05.25

  • ミント

    ミント

    初読みです。
    軽いユーモア日常ミステリーって感じですね。
    イメージしてたのとは違ってて、でもテンポの良さは好みなので、別な作品も読んでみようと思いました。

    ちなみに鉄道ファンでは無いので、そっちのネタがほとんど無いのは気になりませんでした(笑)続きを読む

    投稿日:2019.12.12

  • ポム

    ポム

    鉄道オタク3人による推理短編集。
    事件はいずれもささいなものばかりではあるが主人公3人のイケテル度合いがふりきれてるので楽しく読めます。
    学生向けの優しい作品。

    投稿日:2018.12.04

  • ともりぶ

    ともりぶ

    鉄オタ要素はほとんどない。キャラも軽すぎて好きになれず、何だかよくわからない作風。同著者の『白バイガール』などは好きだけど…。

    投稿日:2018.10.03

  • be-san

    be-san

    これまたミステリに分類して良いのか、
    判断に迷うような一冊(^ ^;

    でも一応学校に巣くう落ち武者の亡霊とか、
    たまたま出逢ったお婆さんの秘密の行動とか、
    一応「謎解き成分」を中心にしているのは確か

    キャラ設定が浮き世離れし過ぎていて、
    まぁマンガっぽい印象かな(^ ^;
    説明くさいセリフが多かったり、
    美味しんぼばりの「幼稚な会話」が多かったり、
    ミステリ好きの大人がじっくり読む本でもないか。

    電車で移動中に気楽に読むのにちょうど良かった(^ ^
    いすみ鉄道に乗りに行きたくなった(^ ^
    続きを読む

    投稿日:2018.06.04

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。