サラリーマンの力(インターナショナル新書)

亀渕昭信 / 集英社インターナショナル
(1件のレビュー)

総合評価:

平均 5.0
1
0
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • のり

    のり

     会社という組織に属しながら、いかに創造力を発揮すべきか?
     オールナイトニッポン伝説のDJにして、ニッポン放送元社長という、会社員人生を極めた著者が考える、ポジティヴでまったく新しいサラリーマン論。
     ラジオ業界のエピソードを交えながら、「企画力」と「営業力」の重要性、社内政治の乗り切り方、グローバル社会における企業の意味、会社と共に生き、チャンスをつかむ方法を伝授する。(2018年刊)
    ・プロローグ 「歯車」じゃない人間なんていない
    ・第一章 僕はどうやって「サラリーマン」になったのか
    ・第二章 サラリーマンの「企画力」と「営業力」
    ・第三章 上司、部下、出世競争……人間関係の乗り切り方
    ・第四章 時代の変化をどう生き抜くか
    ・第五章 サラリーマンが「卒業」するとき

    新書ということもあるが、あまりにも軽い。まるで飲み屋で上司の与太話を聞いているようである。だがそれが良い。さすがに著者の世代ではないが、読んでいると、深夜放送を楽しみに聞いた学生の頃が思い出される。
    今は流行らぬかも知れないが、昔は飲みにケーションというのがあり、上司の与太話を聞く機会が多かったものである。いまから考えれば、貴重な体験を聞いたものだと思うが、当時(若い頃)はその値打ちが判らず度重なる飲み会が苦痛だったものである。
    著者の若い頃と現代では、当然置かれた状況が異なる。まことに希有で幸運な例かも知れないが、耳を傾けてみるのも一興ではないか。
    続きを読む

    投稿日:2018.03.02

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。