どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから”の仕事と転職のルール

尾原和啓 / ダイヤモンド社
(82件のレビュー)

総合評価:

平均 3.7
9
36
29
3
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • Masaki

    Masaki

    ・仕事を自分の言葉で説明できる
    ・ROIを常に意識する
    ・守備範囲を見極めるため、概要をまず掴む
    ・苦手な相手の攻略を楽しむ
    ・市場価値を測るための転職活動
    ・手段のための転職もある
    ・毎日1%の改善を継続する続きを読む

    投稿日:2021.09.04

  • ナカオ

    ナカオ

    以前TVでも取り上げれていた気がするが、本書からは積極的にGIVEすることの大切さを学んだ。特に情報のGIVEは気軽にできて、損するリスクも少ないし、情報化社会をうまく渡り歩いて行く上でも、自分が持っている情報はどんどんシェアした方がいい。

    ここではギブ&テイクではなく、ギブしまくる、つまり見返りを求めず何かを与え続けることが大事になってくる。GIVEだけしていると一見自分には何も利益がないように見えるが、その行為には結果的に見返りに相当するだけの利益がもたらされる。例えば自分だけ知っているニッチな情報は独り占めしたくなるが、情報化社会においてはバレるのも時間の問題。どうせバレるならさっさと発信した方が得。早めに情報を教えることで、当人は第一発見者としての価値が出るかもしれないし、信頼につながるかもしれない。

    ビジネスは利害関係そのものと捉えたいただけに、この視点は非常に新鮮で、ある意味衝撃でもあった。
    続きを読む

    投稿日:2021.08.18

  • carpe.diem

    carpe.diem

    読了後思い出した言葉は「情けは人のためならず」

    「自己中心的利他」「まずギブ(give)」「シェア」・・・人をまずは信じて相手のためになることをするというのはある意味基本的で、でもやろうとする際には色々な葛藤の中に入っていくから簡単ではないのだろうと感じた。

    尾原さんが本の中で掲げるキーワードは短く、でも自分の日々の問いに使いたくなる。
    「ラショネール」「ライフワークとライスワーク」「ストリートスマート」・・・
    こういった言葉を見つけ出し、紡いでいける人になりたい。
    続きを読む

    投稿日:2021.07.13

  • 杉山夏美

    杉山夏美

    ・インターネットの本質はリンク、フラット、シェア
    ・プロフェッショナルの語源は自分が何者であるか、何ができて何ができないかを自分の責任で「プロフェス(公言)」すること
    ・自分からひたすらギブすること
    ・意思決定プロセスを明確にする
    ・圧倒的な当事者意識
    ・人間の成長あ刺激×フィードバックで決まる
    ・自分の弱みをさらけ出す
    続きを読む

    投稿日:2021.06.23

  • 田んぼ

    田んぼ

    尾原和啓さんがどんな人かを知るためにざっと読んだ本。

    とても合理的で論理的でおもしろい。

    自分に対してアカウンダブルであると迷いがなくなるという言葉はとてもしっくりきた。

    アカウンタブル・・なぜそれをするのか。自分自身で納得していること。


    理解だけではなく「納得」というのがキーな気がした。

    ーーーーーーーーー
    自分に対してアカウンタブルであるというのは、なぜそれをするのか、その理由を自分自身で納得しているということ。
    ーーーーーーーー
    続きを読む

    投稿日:2021.06.18

  • yazz77

    yazz77

    12社もの企業で経験した実体験を元に、働き方のヒントがコンパクトにまとめられています。働き方が多様化する中で、働き方のコツや、人間関係、スキルアップなど、様々な視点から具体的な実用例が載せられていて、非常に参考になります。
    転職を前面に押し出している訳ではなく、今いる職場での働き方や考え方を変えていくことや、本業以外でスキルアップを図る方法など、広範囲のビジネスパーソンに向けた内容だと思います。
    著者の経歴や上昇志向が凄すぎて、少しひるんでしまいますが、先ずはできるところから行動してみたいと感じました。
    続きを読む

    投稿日:2021.05.08

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。