素顔の西郷隆盛(新潮新書)

磯田道史 / 新潮新書
(24件のレビュー)

総合評価:

平均 3.8
4
9
5
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • からあげ定食

    からあげ定食

    今回も磯田先生の本です。大河「西郷どん」で時代考証も担当されました。

    西郷については「翔ぶが如く」を読んだし、「西郷どん」も見たのですが、何か人物像がモヤモヤしてはっきりつかめません。
    本書を読んでも結局、西郷には色んな側面がありモヤモヤ感はとれなかったです。

    そんな中、印象に残ったのは、「瑕ある黄金の玉、瑕なき銀の玉」という言葉ですね。
    これは薩摩の有名な人が残した言葉で、前者を西郷、後者を大久保で評したものです。
    愛すべき欠点はあるがすごく愛される西郷と、完璧だが愛されない大久保。うまく言ったなと思いました。
    続きを読む

    投稿日:2021.06.04

  • tsune105

    tsune105

    質素倹約・自己犠牲をいとわない、他者を自己と同一化する優しさと、調査・分析を怠らない冷徹さを持った革命家の一生を描いたノンフィクション。

    司馬遼太郎「翔ぶが如く」やNHK大河で終わっていた革命家としての西郷隆盛を深掘りしてくれた作品。

    家族にとって困った長男坊という著者の指摘には苦笑いしかできないぐらいその通りだと思う。
    続きを読む

    投稿日:2020.05.21

  • shu1rev

    shu1rev

    西郷隆盛って、実はよく知らない気がしてね。幕末の英雄というと坂本龍馬がすごい有名だし、小説やドラマでなじみがある。土方歳三も新撰組で印象が強い。でも、それらにたいてい大物の脇役として出てくる西郷隆盛って、なんでそこまで有名だったのか、というとイマイチよくわからない。それほど身分は高くなかったみたいだけど、いつのまにか有名になり、実力者になり、という印象で、きっかけがわからないんだよね。島流しにもあってるし、二度も島流しになっているにも関わらず、連れ戻されている。その理由がいまいちわかんないんだよね。

    そのあたり、実をいうとまだピンとこないところはある。やっぱり、いつのまにか、なんだよね。

    ただ、有名になったあとの西郷像というのは、とてもよくわかった気がする。こういう人がいたんだね。闇をかかえつつ、仁というか徳というか、人格者だったのだろう。闇というのも、新しい国家をつくるため、という大義があってのこと。一貫した人物であり、強烈な個性だったのだろうな。

    歴史を読む、学ぶ面白さを感じられる本だった。
    続きを読む

    投稿日:2020.05.05

  • cinejazz0906

    cinejazz0906

    薩摩藩主・島津斉彬を尊敬心酔した西郷隆盛は、明治維新の最大の立役者であったにも拘らず、西南戦争で賊軍の将として自決するに至ったのか。歴史学者【磯田道史】が、西郷隆盛の素顔の人物像と、維新の舞台裏に迫った興味をかき立てる歴史読み物。天下の豪傑は誰かと問われた西郷曰く〝味方だけでなく、敵にも信頼されるのが豪傑。先輩では藤田東湖(水戸)、後輩では橋本佐内(越前)だけである〟と。その佐内が生きていたなら(安政の大獄で斬首)、新時代に西郷が生きられる場所を見つけてくれていたかもしれない、という著者の見解に共鳴する。続きを読む

    投稿日:2020.05.04

  • kasaharapapa

    kasaharapapa

    このレビューはネタバレを含みます

    勉強熱心な長州藩では、とかく抽象的な議論がまかり通るため、しまいには成否に関係なく討ち死にしても良いと言う話になりがちでした
    斉彬の考え方は、大雑把に言えば、アジアは西洋から辱めを受けてはならない、日本は一つとなって西洋列強に立ち向かわなければならない、と言うものでした
    西郷はせっかちな人に多い、味の濃い、塩辛いものが好きでした
    西郷の目的は、最初から朝鮮を攻めとろうと言うのではなく、朝鮮も共に近代化しよう言うことにあったと思います
    古文書を読むとき、どういう目的でその資料が作られたか、きちんと見る必要があります
    要するに、結局は人であり、人間が世の中を動かしている。制度や法律の類ではなく、人間が物事を動かしていることに核がある

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.06.11

  • akebia

    akebia

    西郷隆盛についてはいろいろな見方がある。この本はその理解しにくい西郷の人物像がわかりやすく書かれており読んでよかった。

    投稿日:2019.05.12

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。