青狼侯爵の寵愛 花嫁は淫らな蜜に囚われる

真山きよは, Asino / ティアラ文庫
(1件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
0
1
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • うらこ

    うらこ

    このレビューはネタバレを含みます

    年の差は倍くらいあるっていう設定ですけど、変な癖もなくて、普通に面白かったです。狼が結構出てくるので、後半ラディスの思わせぶりな台詞で、狼が絡んでくるのかなあって思ったら、全然違って、狼なくてもよかったんでは?って思いました。

    自分から国王に依頼して、ユーリアを娶るつもりだったのに、素っ気ない態度を取ったりしてユーリアを翻弄しながらも、たまに見せる優しさっていうのが、大人な感じがしました。

    ユーリアもよくある感じで、勝手に愛されていないって思い込みはするんですけど、ずっとそれを引きずってなくて、許容範囲でした。

    残念なのはイラスト。
    表紙はまだましですけど、中のイラストは稚拙な感じで、それがちょっともったいないかなぁって思いました。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2012.09.25

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。