不安な未来を生き抜く最強の子育て 2020年からの大学入試改革に打ち勝つ「学び」の極意

佐藤優, 井戸まさえ / 集英社ビジネス書
(4件のレビュー)

総合評価:

平均 2.8
0
0
3
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • komoda

    komoda

    http://business.shueisha.co.jp/contents/1801_kosodate/

    投稿日:2018.08.15

  • サラ

    サラ

    東大生と同志社生の違いは平日3時間机に座っていられるか。この習慣を早く身につけると言う意味では中学受験は有効。
    私立はカラーをよく選ぶ
    テレビ、ゲーム、スマホはやらせない
    大学時代にバイトはさせずIELTSを取らせる
    英語はとにかく読む。小説も読む
    空白の時間を作って本棚の本を読ませる
    留学はアメリカ西海岸とかだめ。アメリカやイギリスの猛勉強する学生を見るには良い機会
    皇居から半径5キロ以内に情報は集約
    親は子離れの準備を
    続きを読む

    投稿日:2018.05.13

  • tomato04

    tomato04

    このレビューはネタバレを含みます

    子育て本を最近色々読んでみているが、この本を全部読んで感じたのは「結局どうすればよいかわからないよ!笑」ということ。特に感じたのはお金の点。子供に色々やらせて適性を見ることが大事という反面(ここについてはのちに選択と集中を見極めようとは書いてあるが、、、)大学では奨学金を使わない&アルバイトをさせない、とかお金に対する相反する意見が普通に併存している。こういった対談式の本については結局言いたいことが埋もれてしまうのでは、、、と感じた。

    とはいつつ、この本の中で参考になったところを一部列挙。
    ・すべての学力の基礎は「読む力」
    ・保護者は自身の体験に基づくのではなく、その時代の教育がどうなっているのか、よく調べておく。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.05.01

  • pinkfish

    pinkfish

    このレビューはネタバレを含みます

    W大学の批判とも思える特徴に共感します。英語、AIなど色々なところで今と違った生き方に対応しなければならない。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.03.14

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。