ウミベリ物語 花嫁候補は窓の下

榎木洋子, すがはら竜 / 集英社コバルト文庫
(6件のレビュー)

総合評価:

平均 3.8
1
2
2
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • ainon

    ainon

    シリーズ4 最終巻

    ミミ王女がけなげで可愛らしい(^^)

    あんまり龍の活躍はなかったかなー


    可愛らしいカップルと、
    甘々な感じは
    他の榎木洋子さんのシリーズより
    対象年齢がだいぶ低めです

    投稿日:2019.04.05

  • カルルン

    カルルン

    神殿で一人がんばるミミが健気だった。
    でも、本当はトルマス始めたくさんの人達がミミの心の支えになってくれていたというところが、やはりウミベリ物語らしくてよかった。

    個人的には、レイスがちゃんと守龍になるところまで読んでみたかったなあ。
    前巻の怒って帰ってしまった精霊の件も未解決だし。
    続きを読む

    投稿日:2013.02.22

  • うらこ

    うらこ

    このレビューはネタバレを含みます

    最終巻です。
    やっと結婚式になりましたが、その前の儀式で、ミミが苦境に立たされます。嫌がらせの犯人は、それまで仲良くしていた令嬢でしたけど、やっぱ口約束でも言っていいことと悪いことってありますね。

    どんなときでもミミとトルマスはラブラブで、のほほんと読めるシリーズでした。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2012.06.30

  • ひろ

    ひろ

    このレビューはネタバレを含みます

    ハッピーエンドでよかったけど、あっさり終わりすぎて物足りないかなー。
    あと、すいません、イラストが私的に受け付けなかった。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2012.05.25

  • 翡翠

    翡翠

    このレビューはネタバレを含みます

    とりあえずハッピーエンドで一安心。
    でも、いつの時代もどこの国でも(?)王族の結婚って茶々を入れてくる人っているものなのねぇ。
    子供の口約束(?)が原因とはいえ、いい加減なことは言えませんねー(^_^;)

    レビューの続きを読む

    投稿日:2012.05.21

  • 海月かなえ

    海月かなえ

    無事完結! という事で、ウミベリシリーズの最終巻です
    発売からまだそれほど日が経っていないので、ネタばれには注意しております

    今まではトールとレイスがメインでございましたが、今回はミミがメインの物語
    今まではトールとのほのぼのカップルとして描かれていた彼女ですが
    結婚を目前に頑張る姿が健気で、大変可愛らしかったデス
    なんというか、ミミは国民に愛される妃になりそうですね

    あとがきは是非とも本編を読んだ後にみるといいですよw
    私は先にあとがきを読む人ですけれど、読了後にあとがき読むとちょっと笑ってしまいますw

    ウミベリがこれでおしまいという事で、新しいシリーズがまたスタートするのかな?
    ダークホースでレーベル違いますけど、ダークローズプリンセスが来るのかしら?w

    全体通して大きな事件が無い物語でしたので、とてもほのぼのとした気持ちで読ませて頂きました
    次も楽しみにしております

    あとウミベリとは全く関係がありませんが、実は合間に少年陰陽師2週目読んでおります
    随分昔に15巻まで読んでいるので、記録としては残しておりませんがw
    続きを読む

    投稿日:2012.05.04

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。