アリハラせんぱいと救えないやっかいさん (角川ebook)

阿川せんり / 角川ebook
(7件のレビュー)

総合評価:

平均 3.8
3
0
0
2
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • cidenon/土曜朝10時読書配信

    cidenon/土曜朝10時読書配信

    「変人」に憧れる気持ちはわかる。
    人とは違う特別なものを持っている気になれるから。
    私も変人と仲良くしようとしたことがあるし、自分自身も変人になろうとしたことがある。
    中二病なんかもそれらのうちに含まれるのではないか。
    そう考えると、多くの人が少しは理解しやすいはずだ。

    右にならえがよしとされた昭和の時代から、平成に入って個性が注目されオンリーワンという言葉も流行った。
    ところが最近はそれが行き過ぎて個性がないと人ではないというようなところまできていて、就活では「あなたの特技は?人と違うところは?」と聞かれる。
    答えられなければ、社会に受け入れてもらえない。
    若者が自分を演出するようになったことにはそういう背景がありそうだ。

    でも、だんだんと年を取ってくると、変人もしくは変人ぶろうとする「やっかいさん」の突飛な行動に振り回されることに疲れて、普通の人を求めるようになる。
    もうその域に達してしまった私には、登場人物全員の行動があまりに過激で好きになれなかった。
    結局みんな自分勝手で、自分の行動が人を傷つけるということに気づいていない。
    終盤のわだかまりがありながらもアリハラを追い続け、文句の一つも言えないコドリにはいらいらしたし、その後の超展開の結末にも納得がいかなかった。
    そうはならんやろ、と突っ込みたくなった。

    文章は人気の個人Webブログみたいだ。
    丁寧語だったりそうじゃなかったり、言葉遣いがころころ変わる。
    体言止めが多いこともライトノベルとかブログの文章の特徴だろうか。
    体言止めが多いとリズム感がよくなることはあるだろうが、箇条書きのように見えてきて全体のまとまりは悪くなる。
    読みやすく読ませる文章ではあるのだが、言葉が崩れていて文芸という芸術の枠には入らない。

    著者は私と同じ北海道出身で、物語の舞台でもある北海道大学を卒業している。
    今回はあまり好きな作品ではなかったが、物語中に札幌市内の様子が描かれるとやはり少しワクワクする。
    もう一冊くらい読んでみようか。
    続きを読む

    投稿日:2020.11.29

  • ねっくん

    ねっくん

    きっと誰も何ももってないんです。ですが、何か『特別』であることを世の中に強要されているような時代なのです。その胡散臭い『特別』に疑問を感じる人と、何もなくても『特別』になろうとしてる人。両者を温かく包んでくれる物語です。
    『特別』とか『特別じゃない』とかそういうものを超えた先に、"それぞれなりの特別"が眠っているのかも?
    続きを読む

    投稿日:2020.01.29

  • いいんちょー

    いいんちょー

    このレビューはネタバレを含みます

    ものすごく心に響いた。自分のことを言われているようだった。これまでの人生を振り返ってしまった。引きこもってた主人公を2人が外に連れ出して、引き上げてくれたところが良かった。人との付き合い方に関して、自分の傾向を認識させてくれて、さらに考え方を矯正されてしまった。好きな小説は他にもあるけど、ここまで心に響いた(えぐられた)のは他になかった。文体は取っ付きにくかったけど、慣れたら心地よかった。他の本も読んでみよう。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.05.29

  • mikahayashi

    mikahayashi

    地元が舞台の小説なので読んでみた。
    う~ん。
    若い子ならすんなりと読めるのだろうか?
    イマドキの若者の話言葉が多く、中年オバサンにはひっかかるものがある。
    やっかいな人々を巡るお話で、結局は“友達ってイイネ”ってことなのだろう。
    学生にはオススメ。
    続きを読む

    投稿日:2019.03.27

  • のっぴ

    のっぴ

    とにかく変人に出会いたい大学2年生の主人公コドリん。しかし実際には特別な自分を演出する変人ぶった偽の「やっかいさん」にしか出会えない。そんなときに文学部の研究棟でアリハラせんぱいに出会う。アリハラせんぱいはコドリんが探し求めた変人なのか…という内容。やっかいさんは誰なのか、話が進むにつれて面白くなってくる。人に興味を持つって面白いね。続きを読む

    投稿日:2018.07.30

  • /Euler

    /Euler

    <あなたもわたしもやっかいさん>
    厭世マニュアルより読みやすかったのは,ひとえに登用するキャラクタがまだとっつきやすかったからだと思う.
    厭世マニュアルが好きな人にも,はじめての阿川せんりにも.
    あ,あと女の子たちがわちゃわちゃしているのを読むのが好きな人にも?続きを読む

    投稿日:2017.07.31

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。