世界まちかど地政学(毎日新聞出版)

藻谷浩介 / 毎日新聞出版
(12件のレビュー)

総合評価:

平均 4.1
5
4
1
0
1

ブクログレビュー

"powered by"

  • YSの書斎

    YSの書斎

    教養と経験を自由自在に結びつけた知的好奇心をくすぐる素晴らしい旅行記。

    知識が本当の意味で自分の地肉になっていないと、ここまで縦横無尽な文章を書くことは不可能だと思う。

    また、なんていうか考え方が柔軟で凝り固まっていない感じがする。押し付けられていない感じがする。続きを読む

    投稿日:2019.08.03

  • まさと

    まさと

    このレビューはネタバレを含みます

    日本が地政学的に恵まれていることがわかった。
    島国だし資源に乏しいし人口が無駄に多いから攻められづらい。
    =単一民族国家を長年保てた。
    =多民族/多宗教であることが引き起こす種々の問題に惑わされづらい。
    =ひたすら「合理」を追求できる環境

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.06.30

  • 1080magic

    1080magic

    なかなか鋭い視点で、目からうろこ、実際に見ての洞察力に敬服。ただ、写真がカラーを白黒にしたための調整がなく、みな夕暮れ夜景の写真になっていて、惜しい。

    投稿日:2019.06.23

  • すう

    すう

    人間が、どんな場所で、どのように生きているのかということを、実際にその場所へ行って肌で感じることで、今自分たちが生きている場所の「来し方行く末」を展望することができる。この本は、そんな視点や考え方を持つことの大切さを教えてくれる。続きを読む

    投稿日:2019.05.06

  • sugahata

    sugahata

    「まちあるきの達人」による旅行記だ。バルト海沿いのロシアの飛び地、イギリス、コーカサス三国、南米、インド周辺…、観光でもない従来の覇権主義的な地政学的観点でもないこの作者さんさんならではの見方で観察した世界とは?読み応えあり!続きを読む

    投稿日:2019.02.09

  • shimu2

    shimu2

    【ぶらりと観察】時に一風変わった歩き方で世界各地を巡りに巡った著者が,訪れたいくつかの国・地域に関してまとめた旅行記。本作においては,コーカサス地方やカリーニングラード等,あまり多くの邦人が訪れない国・地域を取り上げています。著者は,大ヒットを記録した『デフレの正体』等で知られる藻谷浩介。

    さらりと読めると同時にじっくりと考える上でのヒントを提供してくれる作品。著者が地域再生等の問題に興味を置いていることもあり,日本と比較すると一風変わった地域の問題をさらに一風変わった眺め方で切り取っているように感じました。

    〜常に双方からの目,さらには第三者の目を持たなければ,物事の全体像は見えない。そしてそのためには,国外に出ていろんなことに気づき,現地の視点から日本と世界を眺め直してみることが必要だ。〜

    ネットで連載もされているようです☆5つ
    続きを読む

    投稿日:2019.01.30

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。