嘘つき就職相談員とヘンクツ理系女子【電子特典短篇付き】

松崎有理 / 角川文庫
(6件のレビュー)

総合評価:

平均 2.2
0
0
2
2
1

ブクログレビュー

"powered by"

  • ゆふぃ

    ゆふぃ

    家元は、何となく佐々木蔵之介さんで再生された。なんというか、いろんな方面で予想を裏切られて、不思議な余韻が残るお話だった。

    投稿日:2021.05.30

  • ねえな

    ねえな

    このレビューはネタバレを含みます

    雑誌とかアンソロジーとかの中に入っていれば読むけれど、わざわざ買ってまで読みたいって品じゃなかった…orz

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.05.06

  • hisakarei

    hisakarei

    2014年5月角川書店から刊行された「就職相談員蛇足軒の生活と意見」に加筆修正を行い2018年2月角川文庫刊。5つの連作短編。不思議な能力を持つ人の就職先を決める就職相談員とその秘書になった理系女子のお話。人工知能の就職相談というのもあって、笑ってしまいました。人を活かせる仕事はあるもんだと言うことを語る、軽い世界のファンタジーです。続きを読む

    投稿日:2018.08.18

  • nobumtd

    nobumtd

    大学院を出て博士号をとったものの就職に恵まれず、ハローワークに通うものの特殊な専門性のため、役立てる仕事がない。
    偶然にも秘書として働く事になったのだか、そこはなんとも不思議な家元で、しかもその家元、職安特命相談員もボランティアでやっているがために次々訪れる特殊求職者たち。
    いったい彼女は希望の職にありつけるのか!
    続きを読む

    投稿日:2018.04.22

  • toca

    toca

    正直、創元SF文庫の『あがり』を読んだ時は、こういう方向に行くとはまったく予想していなかったが、光文社文庫から出た『代書屋ミクラ』も含めて、この路線の方が好きになってきた……。

    投稿日:2018.03.18

  • nyankoteacher

    nyankoteacher

    う、特殊な世界の描写で、何事かを語ろうとする(あるいは何も語らないことが狙いの)ファンタジーであった。詠み終わってから、解説者=新井素子、に気づいた。

    投稿日:2018.03.15

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。