緑のアルダ 虹の白夜

榎木洋子, 唯月一 / 集英社コバルト文庫
(7件のレビュー)

総合評価:

平均 3.1
0
2
4
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 潤

    どこまでウルファを追い詰めるのよ!!!(怒)
    http://feelingbooks.blog56.fc2.com/blog-entry-21.html

    投稿日:2010.10.18

  • 月居遥

    月居遥

    前巻で「たりぃ~」と言っていて、多少展開がタルいのを覚悟で読みましたが、
    今回はとんでもない。
    起承転結の「転」て感じで序盤のハイライトが集約されております。

    ウルファ君の秘密、こうもあっさり明かされるとは…
    まぁ解りやすすぎる表現が前巻であったためあっさりなところもあるんでしょう。
    あとは彼の秘密の一つは全体では些細なもの…てコトでしょうね。
    まだ肝心の龍探しにはチラリとも入っていないわけで…。

    しかしこの巻でアナンシア姫がキーパーソンになっていくことは確定したようなもの。
    彼女は一気に物語のテンションを上げてくれそうであります。
    某オカマ兄さんと妹さんのコンビも好きですが…
    多分前半のみのキャラなんだろうなぁ;

    某白髪さんは最終巻まで大暴れが確定済みですが。
    彼とアルダ・ココならつりあう気がするんですが、
    彼とウルファという構図は自分的にはしっくりこない…
    ウルファ君今回へなちょこすぎます。
    しばらくは皆の尻に敷かれるだろうなぁ(大笑)。
    でも境遇的には大きく救われましたね。
    彼の恩人のことを考えると結果的には結果オーライだったんでないでしょうか。

    自分的には1番お気に入りでかつ1番謎キャラはカートラムさん…
    彼の化けの皮もどうはがれるのか楽しみであります。

    おまけ:ヒロインなウルファ君の挿絵が間違っていますね;
    このとき変装してたハズ;
    続きを読む

    投稿日:2009.10.29

  • kirimark

    kirimark

    あらぬ罪を着せられたままそれすら知らず逃げるウルファ。
    事情を知ったアルダ・ココもウルファを信じて彼を助けるためにウルファを探す。
    そしてとうとう侯爵夫人に追い詰められているウルファを救出。
    それにしてもウルファは用心棒なのに危険を引き寄せてますね〜〜〜続きを読む

    投稿日:2009.05.24

  • 黒本屋

    黒本屋

    第5巻
    囚われの前将軍を脱走させた罪で、またも追われる身になったウルファ。都中が厳重警備の中、アルダ・ココは占い、そしてヨールは王に再び語りかけ、ウルファと王宮にかかる暗雲をはらそうとするが…。

    投稿日:2007.07.14

  • 暁鴉流夜

    暁鴉流夜

    2004.08.19.読了。未所有。P146で言われてる、「いにしえの大魔導師」って、タギのことだろうなとか思ったり。この時点でタギが生きてたのは何年前になるのか。リダーロイスは出てくるんだろうか。敵国だが……でも呪った当人は出てくるだろうか。むむ、先に期待。続きを読む

    投稿日:2006.07.15

  • ASKA

    ASKA

    ようやく旅の仲間である、ウルファの出生などの話が片付いた…(?)かな、というところです。
    しかし、剣士なわりに、女の子に助けてもらってばかりのウルファ。かっこいいのか悪いのかよくわからないところも、ちょっと好きだったりします。続きを読む

    投稿日:2006.05.19

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。