音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!

三木聡 / 角川文庫
(5件のレビュー)

総合評価:

平均 2.8
0
0
4
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • ヨッシー

    ヨッシー

    タイトルの勢いと表紙の女の子可愛いーって理由で買ったんだけど、個人的には期待を下回ってしまった…。
    多分、映像になったときの派手さとか勢いとかで魅力が増すタイプの物語な気がして、小説だけだとノリについて行けず全体的に白けてしまったのが悔しい。続きを読む

    投稿日:2018.10.18

  • 本のオヤジ

    本のオヤジ

    このレビューはネタバレを含みます

    声の小さな歌手である主人公が伝説のロックンローラーのシンと出会い、気持ちの在り方が変化していく。

    時折、二人の掛け合いがコントのようで楽しく読むことができました。

    「やらない理由ばっか見つけてんじゃねぇよ」シンのこの言葉は自分に言われてるんじゃないかとギクッとしました。

    なぜシンはここまでふうかに関わるのか、ふうかにとっては師匠のような友人のような絶妙な距離感で進められるストーリは面白かったです。

    ページ数も少ないのでさらりと読めました。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.10.14

  • あいお

    あいお

    映画化をきっかけに買った一冊。目で追いやすい文章だった。口語調で小説にしてはページ数が少ないなので、普段小説を敬遠しているひとにもオススメしたい。映画で阿部サダヲが演じる人物について、知れば知るほど、阿部サダヲへの当て書きなのかと思うほど、阿部サダヲを彷彿とさせた。続きを読む

    投稿日:2018.08.10

  • lily

    lily

    このレビューはネタバレを含みます

    はじめ文章がくどい感じだったけど、
    途中から話の展開が早くなって、
    気にならなくなった。

    喉の筋肉強化って…
    突拍子もない話なのか、
    現実的なのか、
    わからないけど、
    韓国にまでまたがった
    逃避行もあいまって、
    後半は一気に読めた

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.04.05

  • Kazuko Ohta

    Kazuko Ohta

    『亀は意外と速く泳ぐ』や『ダメジン』、『インスタント沼』などが大好きで、早く映画を撮ってほしいのに、ここ5年ほどあまり活動されていないような印象の三木監督。と思ったら本を出しているじゃあないですか。飛びつきました。

    「聞こえません」と聴衆から言われてしまうぐらい声の小さなストリートミュージシャン・ふうか。目の前で派手に転倒したピザ屋の兄ちゃんを助けたら、その兄ちゃんがカリスマロックスター・シン。だけどそうとはなかなか気づきません。

    三木監督の映画はオフビートでシュール、間(ま)がとても好きです。それは小説になっても同じで、ダジャレもいっぱい、言葉遊びもいっぱい。しかしゆるゆるとした流れのままでは終わらない。映画化されて公開予定らしく、すごく楽しみです。

    やらない理由を見つけるな。

    映画の感想はこちら→https://blog.goo.ne.jp/minoes3128/e/5799c76d827206ce3464ad7cddcb159e
    続きを読む

    投稿日:2018.03.22

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。