どうせ生きるなら「バカ」がいい

村上和雄, 宮島賢也 / 水王舎
(6件のレビュー)

総合評価:

平均 3.6
1
2
1
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 小梅

    小梅

    内容はよくある自己啓発本かな。
    言いたいことは分かるし、メッセージ性も共感するが、書き方や表現のせいなのか、著者との相性が合わないのか…あまりしっくり来ない読後感。

    投稿日:2021.04.26

  • よしどん(にこりんぼう)

    よしどん(にこりんぼう)

    向上心を持ってひたむきに努力して生きて行くことは素晴らしい。しかし、人はいろいろで弱い人もいるわけで、挫折したり、社会に適応できなかったり、精神を病む人もいるわけだ。
    そういう人のための救いの教えがこのような本だと思った。

    ただの楽観論ではなく、本当の自分見つめるきっかけを作ってくれる言葉が散りばめられていて、今一度人生を立ち止まって考えさせられ、勇気づけられた一冊になった。

    疲れてしまった人は正しい考え方(正しいというのはこの本での基準では無いが)ができ、進む道や行き方が見つかったならば、再び努力し成長する生き方をすれば良いのではないか。

    楽観論と努力や成長、分けるのではなく両方とも存在して良いのであって、連続して考えるのが良いのではないかと僕は思った。
    続きを読む

    投稿日:2020.05.02

  • H.Sato

    H.Sato

    何でも知っているそう思っている賢い人ほど不安や焦りが大きくなる。
    困難な状況では、賢さよりも笑の方が頼りになる。
    笑は生命を救う副作用のない特効薬
    思い込みでもいいから、自分は大丈夫、生きてるだけで丸儲けとバカになって信じてみる。続きを読む

    投稿日:2016.09.12

  • SkyBronze

    SkyBronze

    笑いが免疫を上げる。
    癌になるスイッチもあれば、止めるスイッチもある。
    馬鹿だから出来たことなど。

    投稿日:2015.12.27

  • しゅんぺい(笑)

    しゅんぺい(笑)

    ちょっと話題になってる本っぽかったから借りて読んでみたけど、いまいち。メッセージとしては賛成やけど、ポップに伝えすぎて軽くなってしまってる。

    投稿日:2015.10.14

  • s06007

    s06007

    200ページちょいで活字も大きめで読みやすそうなので手に取った。遺伝子研究の村上先生とセラピストの宮島氏が交互に文章を連ねている。病は気から。今度ガンになっちゃった弟に読ませたらちょうど良さそうな内容続きを読む

    投稿日:2015.08.08

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。