掟上今日子の色見本

西尾維新, VOFAN / 講談社
(39件のレビュー)

総合評価:

平均 3.2
3
6
19
5
0
  • 久しぶりな感じ

    久しぶりの忘却探偵でした
    かつ自分が推理するというよりは解答を推理させる手立てです。
    ちょっと回りくどい感じですね。
    まあでも今日子さんに久しぶりに会えた感じでまったりと読ませていただきました。

    投稿日:2018.11.23

ブクログレビュー

"powered by"

  • たねこ

    たねこ

    このレビューはネタバレを含みます

    前回からいろいろ気になっていた親切さん視点のシリーズです。
    あれだけ「今日子」って呼び捨てにしてたのに一切出ませんでした。そして関係性も私の認識してたままだった・・・!
    頑ななまでの「今日子さん」呼びのスタイルは何なんだろうか。
    まぁ、普通苗字で「掟上」っていうところをそう記していただけなのか。
    今日子さんを名字で呼ばせないのは作者さんのこだわりなのか。
    それにしても厄介君の冤罪体質よ・・・

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.05.23

  • あずき

    あずき

    このレビューはネタバレを含みます

    物語としては面白いが、謎解き要素はあまりない。
    誘拐犯に対して、クイズが解けた報酬を「食」→「衣」にすりかえる今日子さんの話術が素晴らしい。
    結局、誘拐犯はどこの誰なのか、目的も納得し難い(実現の可能性が低いのにお金かけすぎでは)けれど、今日子さんが好きなので、まあいっか、となる。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.05.02

  • saya

    saya

    このレビューはネタバレを含みます

    今回は親切さん視点です。
    なんと今日子さんが誘拐されるというお話で
    設定などについては今回も変わっていて面白いです。

    前回よりは謎解き風ではありましたし、
    何より今日子さんというより親切さんが頑張るのがメインなので
    仕方ないと言えなくもありませんが
    相変わらずミステリー小説とは言いづらいです。

    犯人を親切さんが頑張って推理するのですが
    結局は当てずっぽうです。

    犯人が2度も今日子さんを着替えさせているのですが、
    いくら今日子さんが細いという設定だとは言え
    中々難しいと思います。
    一度目は睡眠薬か何かで眠らせた設定なのでしょうか。
    ハンカチに染み込ませた睡眠薬で一瞬で眠らせるのは
    幻想なので、どうやって眠らせたのかわかりませんが
    二度目は単純に寝入っている今日子さんを
    起こさずに着替えさせて移動させるというのは
    無理があるでしょう。
    寝たフリをしていたことに気が付かないものでしょうか。

    そして、本当に寝たら忘れるのか
    どこまで忘れるのかも、巻数が進むごとに怪しく思えてきました。

    警部は兎も角厄介さんの登場の意味はあまり無い感じもしました。
    今後への前振りなのでしょうか。

    色見本が暗号表になっているというのはまぁ面白いですが
    世界を股にかけてGPSデータ付きで撮影するという下準備が必要であまりに壮大ですし
    記憶がリセットされ始める前に作ったというなら兎も角
    そういう発想をしたことがあるから自分のことだから作っているかも、だと急にあやふやに過ぎます。
    親切さんも言及していますが、暗号を削除してしまったので次回以降は使えないという点も気になります。
    もしこれがこの暗号を使う二回目だったら、親切さんは色見本も見つけられず洋服を揃えて待ちぼうけするしかなかったのではないでしょうか。

    67点!と叫んで蹴りを入れるシーンは面白かったです。
    しかし犯人を敵として今日子さんが認めるのですが
    それに至るまでの「流石!」という感じがそこまで感じられません。
    犯人は頭脳派のように描いていますが結構天然なところもあります。
    わざわざ事情説明に会いに来てくれて見逃してくれる理由がよくわかりませんし
    もっとわからないのは犯人の動機。
    推理させて情報を引き出したかったということだけで
    この辺りもあやふやです。
    もしかしたら今後再登場するのでしょうか。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.03.27

  • 有浅ひなこ

    有浅ひなこ

    退屈だった今巻。今日子さんの過去が少し明かされたけれど、それをどうこうする気があるのかどうか……。それと、今日子さんの記憶が続かない以上、最新刊が一番過去という展開もあるのでは?と思っているんだけれど今回はしっかり最新刊だったようですね。続きを読む

    投稿日:2019.02.26

  • tenori-medaka

    tenori-medaka

    ん~。掟上今日子のシリーズって、こんな感じなんですかね。そんなに面白くなかったというのが正直な感想。なんか、間延びしたあげくに、ばたばたと終わった感が…。

    投稿日:2018.12.14

  • 東雲

    東雲

     私は何度でも繰り返す。失敗だろうと、犯罪だろうと繰り返す。たった一度、目的を果たすまでは。
    (P.83)

    投稿日:2018.11.04

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。