掟上今日子の色見本

西尾維新, VOFAN / 講談社
(43件のレビュー)

総合評価:

平均 3.2
2
7
21
5
0
  • 久しぶりな感じ

    久しぶりの忘却探偵でした
    かつ自分が推理するというよりは解答を推理させる手立てです。
    ちょっと回りくどい感じですね。
    まあでも今日子さんに久しぶりに会えた感じでまったりと読ませていただきました。

    投稿日:2018.11.23

ブクログレビュー

"powered by"

  • watawata-knoppix

    watawata-knoppix

    このレビューはネタバレを含みます

    世の中が菅首相退陣、自民選挙。
    菅首相がいた方がよかったと思う。
    選びにくい人選。

    なぜこの本を読んだかといえば、このシリーズがおもしろいから読み続けるだけ。
    図書館で書籍版を借りた。2018年1月の作品。
    掟上今日子の裏表紙の続き。

    警備員親切守が活躍する話。
    読み物としては面白い。
    掟上今日子の家計簿で叙述トリック説明したからか叙述トリックが目に付く。
    あと、情報が駄々洩れなのは疑問。
    次回作「掟上今日子の五線譜」ってあるけどいつ出るのだろう。

    読みづらい言葉:
    鶸色(ひわいろ) 明るい黄がちの黄緑色

    VOFANさんの表紙が最高に良い。素敵だ。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2021.09.13

  • chifuyuk

    chifuyuk

    少し前のシリーズ10作目は事件を解決でなく、事件に巻き込まれる今日子さん。トリックありきの話に感じられ、残念ながら私には合わなかった

    投稿日:2021.04.04

  • 天理大学情報ライブラリー

    天理大学情報ライブラリー

    TEA-OPACへのリンクはこちら↓
    https://opac.tenri-u.ac.jp/opac/opac_details/?bibid=BB00553353

    投稿日:2021.03.05

  • 歩

    掟上今日子シリーズ第十弾

    誘拐された今日子さん。
    なんとかして知恵をしぼり主人を助け出そうとする親切さん。果たして犯人の目的は。

    うーん。犯人の目的も詳しくは書かれず、犯人特定のための今日子さんから親切さんへのヒントも難題。場所の特定にはどう考えても無理があるだろと思わざるをえなかった。続きを読む

    投稿日:2020.05.02

  • herbtea

    herbtea

    今回は長編で、今日子さんがいきなり誘拐されています。10億の身代金を要求されたのは親切さん。過去に今日子さんと話したことなどを思い出しながら、彼女を救出するために頭を使います。親切さんが、意外とできる人なのに驚きました。厄介君も登場はしますが…。さらっと読みましたが、今回も今日子さんが人間離れして凄いということがよくわかります。最後までよくわからなかった点があったけれど、それは重要じゃないからなのか、後の事件と関連するのでしょうか。そして、その色見本はぜひ欲しいです。続きを読む

    投稿日:2019.06.14

  • たねこ

    たねこ

    このレビューはネタバレを含みます

    前回からいろいろ気になっていた親切さん視点のシリーズです。
    あれだけ「今日子」って呼び捨てにしてたのに一切出ませんでした。そして関係性も私の認識してたままだった・・・!
    頑ななまでの「今日子さん」呼びのスタイルは何なんだろうか。
    まぁ、普通苗字で「掟上」っていうところをそう記していただけなのか。
    今日子さんを名字で呼ばせないのは作者さんのこだわりなのか。
    それにしても厄介君の冤罪体質よ・・・

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.05.23

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。