ものの見方が変わる 座右の寓話

戸田智弘 / ディスカヴァー・トゥエンティワン
(35件のレビュー)

総合評価:

平均 3.7
6
15
11
2
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • remember

    remember

    寓話を色々知れた。
    社内の勉強会でディスカッションする際に使える。
    テーマにあった寓話を活用できる。

    投稿日:2021.09.28

  • さゆみ1194

    さゆみ1194

    時折作者の思想が色濃くでている解説以外の文言に興ざめしなくもないが(笑)おもしろかった。寓話の解釈に正解はなく、人それぞれ。また、自分自身も読む時の気分や年齢によってまた得られる解釈は異なるのだろうと思う。続きを読む

    投稿日:2021.09.23

  • りーどますたー

    りーどますたー

    良い。

    寓話とその著者の解釈が面白い。

    色々な考えかたがあり、どう捉えるか。
    考える、思考が楽しいと思える一冊だった。

    投稿日:2021.06.09

  • machinobu

    machinobu

    古今東西の寓話集、77編。
    解説も付いて、分かりやすいですね。

    ・大きな岩と小さな岩
    ・ひばりの引っ越し
    ・エレベーターと鏡
    ・3人のレンガ職人
    ・西瓜泥棒
    ・百万分の一の命
    ・盲亀浮木
    ・空の茶碗
    ・2人の禅僧
    ・4人の妻
    ...などなど

    どれも、なるほどと頷く話ばかり。
    特に、「百万分の一の命」と「2人の禅僧」、「4人の妻」は、好きですね。
    続きを読む

    投稿日:2021.05.25

  • ゆう

    ゆう

    どこかで読んだことある話、初耳だけどよく分かる寓話集。
    寓話は1つ1つが短くされていて最低限の部分のみなので、さくさく読み進められる。
    寓話の言わんとすることについての著者の解釈は特に目新しい驚くべきことなどはない。生きていく上で知っておいた方がいいことばかりだけど、だからと言って全部その通りに生きるのは難しい。
    今の自分にとってピンポイントでここが必要だな〜なんて思いながら日々を少しでも良い方向に進めるための考え方のヒントにしようと思う。
    続きを読む

    投稿日:2021.04.20

  • ゆな

    ゆな

    心が豊かになる本!6人の盲人と象のお話では、".みんなが触ってるのは同じ象だけど真実を表現する方法が異なっている。ただ表現が異なっているだけで真実が異なっているわけではない。"ということが学べる!
    話とかを子どものうちからたくさん触れさせるのってきっとそういう良いことが学べるからなんだろうなー続きを読む

    投稿日:2021.03.03

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。