カンピオーネ! XXI 最後の戦い

丈月城, シコルスキー / 集英社ダッシュエックス文庫DIGITAL
(3件のレビュー)

総合評価:

平均 4.3
1
2
0
0
0
  • 最後の戦いにして最終巻

    前巻の魔王内戦でラーマ王と戦うために他の魔王達を異世界に送った護堂でしたが、回復する間もなくハヌマーンに襲われます。
    辛くもやりすごした護堂はその過程である人物と出会いラーマ王の後ろにいる存在を教えられ、それを踏まえて彼との決戦に臨むことになります。
    果たして護堂は残りの敵の神々をどうやって攻略するのか、ラーマ王の後ろにいる存在をどうするのかといったところが見所ですねw
    ラーマ王との戦いについては意外なことの連続でした。
    敵とは言え難い相手ではない彼との最終決戦をどう治めるのかと思ったらそう来たかという胸アツな展開でしでしたw
    全篇を通じて神様との戦いはウルスラグナのスキルのおかげもあって大戦する神様が上がりましたw
    また、その過程で発生する教授のキスは回を追うごとに過激になっていくのがもう一つの楽しみになってましたw
    護堂が最初の方の勢いと行き当たりばったりで戦っていた感じから仲間が増えていきどんどん戦略的になっていくのが楽しかったですねw
    ガンガン敵の神を屠ってスキルが増えていくのではなく、護堂の性格上ただ倒すのではなく敵と心を通わせるので倒しきらずに終わることも多く今あるスキルをうまく使うことによって戦いに緊張感があってよかったですねw
    最終巻では最後の戦いの後日談も載っていてまだまだ彼らの物語は続いていく感じがしていい終わり方でしたw
    どうも後書きによると新作を作っているようでタイトル的にもこの物語にちょっと関係しているような感じでそちらも楽しみですねw
    続きを読む

    投稿日:2018.01.25

ブクログレビュー

"powered by"

  • タカツテム

    タカツテム

    このレビューはネタバレを含みます

    長かった神殺しの物語も遂に終幕。
    これまで神と神殺しによる超常バトルが何度も繰り返されてきたのだから、シリーズ最終巻となる今回はこれまでの上を行くバトルが展開されるのだろうと思っていたが、割とどの戦いに関しても護堂はある程度の余裕を持って勝てたのは驚き。
    後書きにもあるようにこの巻は「成長して強くなった主人公!」というテーマで描かれたようだから、その関係なのかな?
    その代わり、戦いの規模が果てしなくでかい!でかすぎる!『最後の王』ラーマだけでなく、運命神というラスボスの登場、更にはこれまで倒してきたボスが次々登場する展開には度肝を抜かれてしまった!
    ただ、そこでも単純なバトル展開に終止するのではなく、護堂がこれまで築いてきたものが反映されているかのような展開には胸が熱くなってしまった

    『盟約の大法』を使うラーマを倒すために内ゲバを行ったカンピオーネ達。読者の殆どを驚愕させた展開だったけど、それはラーマ王子にとっても同じだったようで。
    あのいつも憂鬱な陰を引きずるラーマが大笑しそうになるなんて、これまでは想像すら出来なかったなぁ。その驚愕によって闘争に倦み疲れていたラーマの心が少し開いたタイミングで、これまで何度も拳を打ち合わせてきた護堂が最終決戦と称して白黒つけたためにラーマにとって受け入れられる提案もある
    あの場面で命を奪うまで戦うのではなく、友達になろうと提案した護堂。これは他の神殺しでは絶対に考えつかない選択肢。ぶっ飛んだ考え方を持つ神殺しの中でも割と日常的感覚を大事にする護堂だからこそ思いつくものか。
    確かに「運命なんてクソ食らえだ」と吐き捨てた護堂であればこっちの道を選ぶ方がかなり自然だもんな
    ただ、ラーマの在り方をブラック企業に勤める人に例えてしまう護堂には笑ってしまったが

    そして、面倒なアレコレを全て取っ払ってラーマと共闘する形で迎えた本当の最終決戦はとても胸を熱くする展開
    以前戦った敵に対して強くなった護堂が力でねじ伏せる流れにするのではなく、神々の方が運命神に操られる形での再戦を望まぬとする展開。これもラーマと友達になる道を選んだ流れと同じく、護堂が正々堂々と戦って打ち負かした神々だからこそ思いつくものなんだろうな。

    だからこの最終巻において限界バトルは描かれないまま終わる。そこはちょっと物足りない気がしてしまうが、その代わり運命神を倒した後、草薙護堂が選んだ道があまりにもぶっ飛んでいるからそれだけで満足できそうになる
    シリーズ終盤から護堂が思い描いていた「ラーマをくだらない運命から解き放つ」という目的。それがあのような形で果たされるとは予想外。
    これまで自分が対面することになった難題を何度もぶっ飛ばしてきた護堂であればある意味選んで当然かもしれない選択肢。それでもラーマの肩代わりをするような形で魔王殲滅の運命を引き継いだ流れはあまりにも護堂らしさに溢れていて、本当に様々な意味で彼の成長を感じさせる

    アフターストーリーじみた終章では遂に護堂がエリカ達とベッドインしている様子が描かれる。以前、恵那に語った言葉を思い出せば、様々な戦いを経た護堂がどれだけ魔王らしく成長したのかが察せられる

    無茶苦茶なことばかりやって来た神殺し達の物語としてはやっぱり無茶苦茶な終着点であるんだけど、逆にそれが何とも彼ららしいなと感じられるものでも有り、新たな展開を迎えた護堂の活躍をもっと見たい気もしたけれど、取りあえずはとても満足できる終わり方だった
    とても素晴らしい物語を最後まで書ききってくれた作者には心の底から感謝

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.10.30

  • Mu

    Mu

    長きシリーズもいよいよ最終巻。

    魔王内戦を勝ち残った護堂と最後の王との一騎打ちが物語のクライマックスかと思っていたら、ああ、こう来るのか。
    いやなんというか非常にカンピオーネらしい、というか護堂らしい決着のつけ方だなあ。
    昨日の敵は今日の友だしね(笑)

    そのあとの真の黒幕(?)との戦いは、これまでの英雄・神様オールスター登場みたいな感じの言ってしまえば同窓会。
    まあ、最終巻らしいといえばらしいね。
    ただ、そんなこんなで戦い自体はそれほど盛り上がらなかったのでちょっと肩透かしの感もある。
    まあそれも最終巻なので許せてしまうわけだけど、そういう意味では最終章の護堂と少女たちの行くところまで行く場面もイラスト含めて最終巻ということで、うん、良きかな(笑)

    ていうか、いくらでも続編が書けそうなラストなので、作者の次回作にもしらっとだれか出てきそうな気がする。
    何はともあれ、この長いシリーズを最後まで読めてよかった。
    おつかれさまでした。
    続きを読む

    投稿日:2018.07.11

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。