幼女戦記(7)

東條チカ, カルロ・ゼン, 篠月しのぶ / 角川コミックス・エース
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 4.5
1
1
0
0
0
  • 冬季攻勢前段(^^)d

    冬季攻勢に繋がる前段階を中心にしています。
    相変わらず主人公と周囲の意識のすれ違いが激しい事になっています。
    会議の際のゴツい男たちの勘違いがもうどこまで好評価なんだろと言うレベルですね。

    後半の戦闘ではかつてない激戦に主人公の○○が…。
    相変わらずの迫力描写で大変満足です。
    続きを読む

    投稿日:2017.11.26

ブクログレビュー

"powered by"

  • manap

    manap

    このレビューはネタバレを含みます

    言葉を尽くして冬季進軍を止めたターニャ、これでよし!きっと後方へ!と思っていたのに、なぜだか冬季進軍が決まっていました(?)。なんたる舌禍と絶望するも、思わぬ光が差し込んで……?

    頑張って分かりやすくしてくれてるんだろうけど、相変わらず文字が多いのと戦略的な話は右から左なせいで、作戦がいかに難しいのかとかはよく分からない。少将とのやり取りもターニャがすごい頭切れるんだろうことは分かったけど内容はよく分からんという。
    というかターニャの前世が、ただの堅物レベルじゃない思考の持ち主なのはよく分かった。極論過ぎて共感は絶対にできない部類の人種だわ。
    何はともあれ、作戦行動中はいつも通り、ターニャをはじめヴィーシャもヴァイス中尉もかっこよくて頼もしい。
    一方で敵の大佐はいつぞやの相手か。こんなとこで再登場するとは予想外。ターニャがまさかのフルヌードになっちゃったけど誰もそこにつっこむ余裕がないのがいっそ笑えた。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.02.08

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。